ジェットエアウェイズ(9W)、一気に5社との提携解消を発表

ジェットエアウェイズ(9W)、一気に5社との提携解消を発表

​​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ジェットエアウェイズ(9W)が、今年の終わりまでに順次、今まで提携していた航空会社5社との提携を解消するという発表がありました。
 
一気に5社、というのもすごいですが、今日はこのニュースを掘り下げてみたいと思います。

9Wって・・・?

ジェットエアウェイズ(9W)はインド第2の航空会社で、ムンバイ(BOM)を拠点としています。
 
今はどのアライアンスにも属していませんが、エティハドパートナーの航空会社である他、独自に数多くの航空会社と提携を行っています。
 
全日空(NH)とコードシェアを行っていて、NRT – BOM間で運航をしています。
 
一応、以遠権フライトも運航しています^^;

Screenshotジェット・エアウェイズ(9W)の以遠権フライト

ジェット・エアウェイズ(9W)の以遠権フライト

9Wのマイレージ提携航空会社

前述の通り9Wは多くの航空会社とコードシェアやマイレージ提携を行っているのですが、2017年7月現在のマイレージ提携航空会社は、
 

  • エティハドパートナーズの各航空会社 :
  • エティハド航空(EY)
    ・エア・ベルリン(AB)
    ・エア・セルビア(JU)
    ・セーシェル航空(HM)
    ・アリタリア航空(AZ)
    ・エティハド・リージョナル(F7)

  • エールフランス航空(AF)
  • ニュージーランド航空(NZ)
  • 全日空(NH)
  • アメリカン航空(AA)
  • オーストリア航空(OS)
  • ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)
  • スイス インターナショナル エアラインズ(LX)
  • ターキッシュエアラインズ(TK)
  • バンコクエアウェイズ(PG)
  • キャセイパシフィック航空(CX)
  • キャセイドラゴン航空(KA)
  • デルタ航空(DL)
  • エミレーツ航空(EK)
  • ガルーダ・インドネシア航空(GA)
  • ガルフ・エア(GF)
  • ケニア航空(KQ)
  • KLMオランダ航空(KL)
  • 大韓航空(KE)
  • マレーシア航空(MH)
  • カンタス航空(QF)
  • 南アフリカ航空(SA)
  • ベトナム航空(VN)
  • ヴァージン・アトランティック航空(VS)
  •  
    です。
     
    多いですね^^;

    今回提携を解消するのは・・・

    これらの航空会社のうち、今年中に提携を解消するのは

  • アメリカン航空(AA)
  • オーストリア航空(OS)
  • ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)
  • スイス インターナショナル エアラインズ(LX)
  • ターキッシュエアラインズ(TK)
  •  
    で、解消の日時はそれぞれ、

  • OS, LX : 2017/9/30
  • TK : 2017/10/31
  • AA, LH : 2017/12/31
  •  
    となっています。
     
    スターアライアンスが4社、ワンワールドが1社です。

    9Wの提携解消から読み取れるもの

    それでは、この提携解消の「意味」について考えてみましょう。

    始まりは2017年3月から

    実は2017年3月、9WはDLとKLとの提携を強化し、
     
    ・ブリュッセル(BRU)への運航を停止し、アムステルダム(AMS)への運航を開始。KLとのコードシェアも開始
    ・ニューアーク(EWR)への運航を停止し、DLと連携して北米11都市へのコードシェア便を開始
     
    のようなことを行っていたんです。
     
    9WはAAとは結構長い間提携を行っていたのですが、DLとの連携を強化することで、アメリカ方面での提携航空会社はだぶつくことになりました。
     
    AAとの提携解消は、3月の時点から始まっていたんでしょう。

    スターアライアンスとの決別

    そして9Wは更に、スターアライアンスメンバーである4社とも一気に提携解消を行います。
     
    これで、スターアライアンスメンバーで9Wと提携を継続するのはNZとSA, NHだけになってしまいました。
     
    これはおそらく、インド最大の航空会社エア・インディア(AI)がスターアライアンスメンバーであることと無関係ではないと思います。
     
    これ以上スターアライアンスメンバーと提携を続けても、メリットがないと思ったんでしょう。
     
    また、KLとの提携を強化したことで、路線が重複するLHグループ各社(LH, LX, OZ)との提携解消も行い、一気にスターアライアンスメンバーとの提携を断行しました。

    そして・・・

    もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、
     
    DL/KLとの連携強化 + スターアライアンスとの決別 = ???
     
     
    そうです。
     
     
    ズバリ、
     
    スカイチームへの加盟
     
    です。
     
    これだけわかりやすいと、逆にスカッとしますね^^;
     
    需要旺盛なインドマーケットを本拠地にもつ航空会社がメンバーに加わるというのはスカイチーム的にも嬉しいことでしょうし、9WとしてもAIに対抗するための競争力が強化される、まさにWin-Winの関係にあるんです。
     

    まとめ

    さて、これだけわかりやすい変更を行ってきた9Wですが、すんなりスカイチームに加盟できるかどうかはわかりません。
     
    大株主であるエティハド航空(EY)にもお伺いを立てないといけないでしょうし、自社のシステム統合だってスムーズに行われなければいけません。
     
    9Wが予約システム(GDS)として採用しているのは、Sabreです。
     
    ちなみに、スカイチームメンバーの中で自社予約システムとしてSabreを利用しているのは、

  • アエロメヒコ航空(AM)
  • アリタリア航空(AZ)
  • アルゼンチン航空(AR)
  • アエロフロート・ロシア航空(SU)
  • ベトナム航空(VN)
  •  
    です。
     
    結構Sabreを採用している航空会社が多いので、システムの移行自体はすんなりいくでしょう。
     
    もともとSabreは、AAがIBMと共にメインとなって開発されたシステムなんですが、その「本家」との提携を解消して、敢えてDL方面に近づいていくというのは、よっぽど今の状況が不満なんでしょう。
     
    そもそも9Wのマイレージプログラム「JetPrivilege」は、そこまで魅力的なマイレージプログラムではありませんが、スカイチームメンバーになったら更に悪くなるのかなぁ?と思ったりしています^^;
     
    いずれにしても、これからの9Wの動向は要注目ですね。

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)