アバディーン(ABZ) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) Terraces LoungeのWifiスピードチェック

アバディーン(ABZ) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) Terraces LoungeのWifiスピードチェック

AviosハンターのPAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
2016 – 2017シーズンのBA修行・BAフライト4回搭乗の最終フライトは、
 
ABZ – LHR
 
だったのですが、フライトの前にBAのラウンジ
 
Terraces Lounge
 
へ行ってきました。
 
中の様子を紹介します。

ラウンジ概要

ABZのBAラウンジは、Swissportラウンジの隣にあります。
 
入り口は、こんな感じです。

こちらもあまり人がいませんでした。

受付の人もヒマそうに携帯電話をいじっていました。
 
土曜日の日中は、あまり飛行機に乗る人が多くないんでしょうかね。
 
それとも、オフシーズンだからかな?
 
食べ物や飲み物が、色々置いてあります。

イギリスのラウンジには、どこのラウンジにもポテトチップス(Crisps)が置いてありました。
 
よく食べる文化だからなんでしょうか、アルコールのおつまみとしてちょうどいいからなんでしょうか。
 
とりあえず、いただいておきました。
 
こちらのラウンジにもスープがありましたが、Swissportラウンジの方がおいしかったかな。
 
食事は全体的に、Swissportに軍配。
 
ただ、こっちは窓があるので外の様子を見ることができます。
 
少し、開放感があります。

接続方法

BALoungeWiFiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

その後(だいぶ待たされて)表示される画面で、パスワードを入力します。

パスワードは、ビジネスクラスに搭乗する場合は事前にメールで送られてきます。
 
ラウンジ内にも、表示があります。
 
パスワード入力後、以下のような画面が出たら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 1.04Mbps
下り 0.64Mbps
 
あまり数字ほどの遅さは感じませんでした。
 
ABZのBAラウンジも、切れはしませんでした。

まとめ

ABZのラウンジどちらもいける方は、
 
・開放感を感じたいのであればBAラウンジ
 
・おいしい食事を食べたいのであればSwissportラウンジ
 
という基準でいいと思います。
 
BAラウンジには、脚の高い椅子とソファがありました。
 
高い椅子で仕事はできなくはないんでしょうが、数はソファの方が圧倒的に多いです。
 
そういえば、隣のSwissportラウンジも、ソファがほとんどだったような。
 
ラウンジではPCを開くべきではないのかな・・・とも思いつつ、その場で感じたことをすぐに書き留めておきたいと思い、ついついPCを立ち上げてしまいます^^;
 
自分はあまりアルコールを飲む方ではないので、ラウンジでもお酒は飲みません。
 
ソフトドリンクと、食べ物ばかり。
 
なので、コーヒーが美味しいととても嬉しいです 🙂

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)