エア・カナダ(AC)とキャセイパシフィック航空(CX)のマイレージ提携開始による懸念

エア・カナダ(AC)とキャセイパシフィック航空(CX)のマイレージ提携開始による懸念

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
あなたは、エア・カナダ(AC)またはキャセイパシフィック航空(CX)のマイレージを貯めていますか?
 
エア・カナダ(AC)とキャセイパシフィック航空(CX)がマイレージ提携を開始し、相互のフライトでマイレージが貯まるようになりました。
 
ACマイレージは、CX子会社のキャセイドラゴン航空(KA)でも加算することができます。
 
この提携が持つ意味について、ちょっと考えてみたいと思います。

ACマイレージの、CX/KAフライトでのマイレージ加算率

CX/KAフライトで貯めることのできるACマイレージは、以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
キャビンクラス ブッキングクラス 加算率
ファースト F, A 150%
ビジネス J, C, D, I 125%
プレミアムエコノミー W, R, E 110%
エコノミー Y, B, H, K, M 100%
エコノミー L 50%
エコノミー V, S, N 25%

一番安いQクラスは、加算されないようですね。

CXマイレージの、ACフライトでのマイレージ加算率

ACフライトで貯めることのできるCXマイレージは、以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
キャビンクラス ブッキングクラス 加算率
ビジネス J, C, D, Z, P 125%
プレミアムエコノミー E, N, O 110%
エコノミー Y, B, M, U, H, Q, V, W 100%
エコノミー G 75%
エコノミー S, T, L, A, K 25%

こちらも、エコノミークラスに関してはACマイレージにそのまま加算するよりも加算率が悪くなっていますね。

PAR的危惧

・・・と、ここまでのお話であれば、ACマイラーとCXマイラーがマイレージを貯めやすくなったね〜、で終わりなので、わざわざ記事にしたりはしません。
 
わざわざ記事にした理由は、個人的に、このマイレージ提携でCXのスターアライアンス移行が加速するのではないか、と危惧しているからです。
 
少し前に、中国国際航空(CA)によるCX買収の話がニュースとなりました。
 
このニュースは結局CXにより否定されたようですが、業績が大幅に悪化しているのは事実なようで、旅客数も0.8%増と7年ぶりに低い伸び率。2017年には9期ぶりに赤字に転落する観測も出ています。
 
CXは以前から、CAとマイレージの提携を行っています。
 
なので、仮にCAがCXを買収したとしても、マイレージに関してはあまり問題がなさそうです。
 
更にCXは、スターアライアンスメンバーのニュージーランド航空(NZ)ともマイレージ提携を行っています。
 
もう一つ、CXの予約システムは、スターアライアンスメンバーが利用を推奨されているアマデウスです。
 
スターアライアンスに移行したとしても、マイレージ連携などはすんなりできそうですね。
 
これはまずい・・・。

アライアンスの移行なんてあるの?

アライアンスの移行なんてありえない。
 
そんなふうに考えている人はいませんか?
 
いえいえ、とんでもない。
 
過去には、アライアンス移行の事例がいくつかあります。
 
例えば、スターアライアンスメンバーだったTAMブラジル航空(JJ)。
 
チリのLAN航空(LA)に買収されて同じ会社となった際、スターアライアンスを抜けてワンワールドに加盟しました。
 
この移行による影響を受けた人も、少なからずいるはずです。

CXがスターアライアンスに移行したら・・・

CXがスターアライアンスに移行してしまったら、ワンワールドメンバーのマイレージでCXフライトを利用できなくなってしまいます
 
これがPAR的には一番痛く、Aviosでの日本 – 香港(HKG)のビジネスクラス(CXフライト)片道20,000マイルというとてもお得な特典航空券が、もう予約できなくなってしまうわけです。
 
更に、CXと独自に提携を結んでいるアラスカ航空(AS)の必要マイレージ数にも、少なからず影響があるかもしれません。
 
CXフライトは、ASマイレージを利用するにあたって最もお得な使い方の一つなので、改悪なんかされたらたまったもんではありません。

Screenshotアラスカ航空(AS)のマイレージをお得に使おう

アラスカ航空(AS)のマイレージをお得に使おう

これはきつい。
 
HKG発のフライトはこれから重宝すると思っていた矢先の出来事で、CXがワンワールドに残ってくれることを切に願っています。
 
自分の危惧が、杞憂でありますように・・・。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)