なぜ飛行機内で飲むコーヒーは美味しくないのか?

なぜ飛行機内で飲むコーヒーは美味しくないのか?

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
先日、

Why Does Airplane Coffee Taste Weird?
(なぜ機内で飲むコーヒーは美味しくないのか?)
 
という記事を見つけたのですが、面白かったのでシェアします。和訳をしますが、読める人はそのまま読んじゃってください。
 
 

Weak and slightly sour—it’s how you feel after a sleepless red-eye – and what that in-flight java tastes like. So what’s mucking up your cup?

(薄くてちょっと酸っぱい。これが、眠れず赤い目のあなたが感じることでは?そして、機内のジャバ(コーヒー)はこんな味。では、何がコーヒーを台無しにしているのか?)
 
 
The beans aren’t really to blame. In fact, a number of airlines now get their grounds from popular brand name roasters like Starbucks (Delta) or Dunkin’ Donuts (Jet Blue). The real culprit: the H2O used in airplane brew. Planes have tanks filled with ‘potable water’, aka water used for washing your hands in the bathroom and brewing coffee and tea, and it’s not the cleanest — a 2012 EPA report found that 12 percent of commercial airplane water tested positive for coliform bacteria, which usually indicates other gut-rocking bugs like E.coli are present. And according to one American Airlines flight attendant we spoke with, “those tanks are probably only cleaned out every six months to a year.” Yikes.
 
The brewing process is next to blame — at 35,000 feet, water boils at a much lower temperature, which messes up the extraction process so that only some of the coffee solids get dissolved, says Andrew Hetzel, a coffee quality and trade consultant. And if the flight attendant flips on the warming pad too soon, the first few drops of brew burn and taint the whole batch, said one Air Canada flight attendant.
 
Finally, your own taste buds weaken the flavour of in-flight joe. Cabin pressure, dry air, and altitude reduce your taste perception by about 30 percent (hello, heavily salted dinners), which means that already crummy coffee never stood a chance. (British Airways is on top of this, they’ve partnered with Twinings tea to create a special full-bodied blend for flying — a bloody great idea.) For the record, a few of the flight attendants we spoke with simply believe the majority of the population has forgot what boring, black coffee tastes like: “People have become so accustomed to sweetness, they’re shocked when our coffee doesn’t taste like a caramel macchiato,” said one Southwest flight attendant.

 
 
(豆が悪い訳じゃない。実際に、多くの航空会社がスターバックス(デルタ航空(DL))やダンキンドーナッツ(ジェットブルー(B6))といった有名なコーヒーブランドと提携をしている。犯人は、機内でコーヒーを淹れる際に使用される、H2O(水)だ。機体には’飲用水’でいっぱいにされたタンクがあり、それはご存知の通りトイレで手を洗ったり、コーヒーや紅茶を淹れたりするのに使用されるものだが、決してきれいなものではない。2012年のEPAの報告によると、商用機材の12%に及ぶ水から大腸菌バクテリアが検出された。それはつまり、あなたの腸で踊りまわるE.coli(大腸菌)がいる、ということだ。そして、われわれに話してくれたアメリカン航空(AA)のフライトアテンダントによると、「タンクは半年か1年に1回洗浄される」そうだ。おおっと・・・。)
 
(コーヒーを淹れるプロセスが、次の批判の対象だ。高度35000フィートでは、水は(地上より)低い温度で沸点に達し、そのことによって抽出時わずかなコーヒーの成分しか溶け出さず失敗に終わる、と、コーヒーの質と量のコンサルタントAndrew Hetzelが言っている。そして、もしフライトアテンダントが保温装置のスイッチをすぐにオンにしたら、最初の数滴は焦げてしまい、それが容器全体の味をダメにしてしまう、と、エアカナダ(AC)のフライトアテンダントが言っている。)
 
(最後に、あなた自身の味覚が機内のコーヒーの味を弱らせている。キャビン内の気圧、乾燥した空気や高度が、あなたの味覚を30%程低下させているのだ(とてもしょっぱい機内食はそのためだ)。そして、まずいコーヒーが名誉挽回のチャンスを得ることは決してない。(ブリティッシュエアウェイズ(BA)はこの分野で最先端を行っていて、Twiningsとパートナーシップを組み、機内専用のフルボディのとてもおいしい紅茶を開発した。) その証拠として、我々に話してくれた何人かのフライトアテンダントは、多くの人はこの味気ないブラックコーヒーの味をどんな味だったか忘れてしまっているのだとただただ信じているのだ。「みな、甘いコーヒーに慣れてしまっていて、私たちのコーヒーを飲むと『キャラメルマキアートの味がしない』、とショックを受けるんです」と、あるサウスウェスト航空(WN)のフライトアテンダントは語った。)
 
 
なるほど・・・という感じですね。この記事を読んで、機内でコーヒーを飲むのはちょっとやめようかな、と思っちゃいました。
 
この12%の航空会社がどこなのか、とても興味があります。
 
 
逆に、BAの紅茶は飲んでみたいですね。ちゃんとBAがタンクを清掃していれば、の話ですが・・・^^;
 

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)