機内Wifiを無料で提供している航空会社

機内Wifiを無料で提供している航空会社

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
日本航空(JL)が最近、国内線のWifi無料を発表しました。
 
これは、朗報ですね。
※詳細はこちら
https://www.jal.co.jp/121campaign/flyon_inter_wifi/
 
国際線も、JL上級会員(JMBダイヤモンド、JGCプレミア)は1年度あたり40回まで無料で利用することができます。
 
世界では、国際線であっても無料でWifiを提供している航空会社があります。
 
もちろん、ビジネスクラスに搭乗する必要はありません。
 
今日はその航空会社を紹介したいと思います。

ヴァージン・オーストラリア(VA)

まずは我らがVA。
 
Boeing737の機材において、
 
sky-high WiFi
 
というサービスを行っています。
 
どうやら、30分を超えると有料となるようです。

エミレーツ航空(EK)

続いては、EK。
 
エアバスA380とBoeing 777の機材において、無料のWifiを提供しています。
 
ビジネスクラス以上の搭乗客は、無制限のインターネットアクセスを購入できますが、そうでない搭乗客はEKのマイレージプログラム・Skywardsの番号を画面で入力することで最大2時間、無料で利用可能です。
 
それ以上の利用は、
 
・USD9.99で150MBまで
・USD15.99で500MBまで
 
それぞれ料金がかかります。
 
どうやらスピードはかなり遅いようなので、EKのエコノミークラスに搭乗した場合は、インターネット接続は我慢しましょう^^;

フィンエアー(AY)

次は、AY。
 
エアバスA330, A350の機材において、無料のWifiを提供しています。
 
しかも、飛行中ずっと。
 
ただし、ワンワールドエメラルドメンバーに限ります^^;
 
ビジネスクラス搭乗客及びワンワールドサファイアメンバーは、1時間まで無料でWifiを利用することができますが、それ以降の利用料は
 
・1時間€7.95
・3時間€11.95
・3時間以上飛行中ずっと : €19.95
 
となっています。

カンタス航空(QF)

次は、QF。
 
Boeing 737の機材において、無料のWifiを提供しています。
 
737の機材が運航されているのはオーストラリア国内線となるので、短い時間のフライトで利用ができるようです。
 
なので、こちらは全て無料のようです。
 
しかも、クラスや上級会員のレベル関係なし。
 
JLに似ていますね。

キャセイパシフィック航空(CX)

最後は、CX。
 
エアバスA350の機材において、無料のWifiを提供しています。
 
CXの機内Wifiはちょっとトリッキーで、通常は
 
・1時間 : USD9.95
・3時間以上ずっと : USD19.95
 
かかるのですが、簡単な質問に答えると1時間無料でWifiが利用できます^^;
 
画面上部にある’get free WiFi’をクリックして、質問に答えちゃいましょう。

まとめ

こうして見てみると、ワンワールドメンバーが結構多いですね。
 
JLの国内線Wifiについては、無料化の発表がある前にいくつかのJL国内フライトでWifiを利用し、スピードチェックを行っています。

Screenshot日本航空(JL)のWifiスピードチェック

カテゴリ : JL / Wifi

やっぱりメッセージを送ったり、機内で感じたことをすぐに誰かに伝えられるのは嬉しいですね。
 
他の機内Wifiのスピードもチェックしたくてうずうずしています^^;
 
一方で、今まである意味聖域だった機内までもインターネットが繋がるようになってしまい、仕事をせざるを得なくなった方もいるかもしれません^^;
 
そんな時は、Wifiが繋がらない航空会社を選びましょう^^;

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)