アマデウスの「シングルPNR」が意味するもの

アマデウスの「シングルPNR」が意味するもの

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
先日、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを使って国内線1件と国際線1件の特典航空券を予約しました。
 
以前投稿をした方法で、JL国際線の座席指定をしたのですが、

Screenshotブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のサイトで予約した日本航空(JL)の特典航空券の座席を指定する

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のサイトで予約した日本航空(JL)の特典航空券の座席を指定する

他にも本当は座席予約ができる方法があるのではないかと色々調べていたのですが、とんでもないことに気づいてしまいました。

BAの予約システム

多くの航空会社は、座席の予約や顧客の管理をするためのシステムを自前ではなく「GDS」と言われるシステム会社が提供するパッケージソリューションを利用しています。

ScreenshotGDSとは?

GDSとは?

世界3大GDSというものがあって、
 
・アマデウス(Amadeus)
・セーバー(Sabre)
・トラベルポート(Travelport)
※アポロやガリレオ、ワールドスパンはトラベルポートの傘下
 
といったあたりが世界的に有名です。
 
このうち、航空会社の予約管理システムを提供しているのは、アマデウスとセーバーです。
 
多くのフルサービスキャリアが、この2社のどちらかを自社の予約システムとして採用しています。
 
で、BAが自社の予約システムとして採用しているのは、アマデウスが提供するシステム「アルテア」です。
 
ワンワールドメンバーで、他に自社システムとして「アルテア」を利用している航空会社は、
 
・カンタス航空(QF)
・ロイヤル・ヨルダン航空(RJ)
・スリランカ航空(UL)
・カタール航空(QR)
・イベリア航空(IB)
・フィンエアー(AY)
・エアベルリン(AB)※近々Sabreに移行するとの噂あり
・キャセイパシフィック航空(CX)

アマデウスのアルテアの特徴として、「シングルPNR」コンセプトというものがあります。
 
「シングルPNR」とは何かということが、アマデウスのサイトに書いてあります。

これまで、GDS/CRSから流した予約の変更依頼などが航空会社のシステムに反映されていなかった、というトラブルに悩まされたことはありませんか?

航空会社と旅行会社が同じホストを利用し、旅客情報を同一の予約記録(シングルPNR)で共有・管理することでこのようなトラブルは回避できます。 アマデウスでアルテア利用航空会社を予約すれば、記録の不整合がなく安心してご利用いただけるほか、現地でのスケジュールチェンジなどのフライト情報もPNR上に即時反映されます。

要は、予約番号(PNR : Passenger Name Record)はアルテアを利用する限りアマデウスのシステム内に一つだけ作成され、航空会社/GDSで重複することがないので誰もが同じ目線で予約を管理できます、ということです。

シングルPNRを「悪用」する

 
そして、この「シングルPNR」コンセプトを利用すると、ある面白いことができます。
 
 
他の航空会社のサイトから、BAの予約番号(PNR)と姓を入力すると、航空会社によってはJL国内線の情報が表示されてしまうんです!
 
通常、旅行代理店で予約した場合は、こんなことはできません。
 
当たり前ですが、JTBで予約した内容をHISで確認、なんてことはできないんです。
 
ただ、航空会社のサイトで予約された(特典航空券を含む)PNRについては、アライアンス内であれば一定程度表示が可能になるようです。
 
同じアライアンス内では、予約の情報を共有する必要があるのかもしれません。
 
いくらワンワールドメンバー内とはいえ、さすがにセキュリティ的にどうなのよ、と思ってしまうのですが、試しにカンタス航空(QF)のサイトで姓と予約番号を入力すると・・・表示されてしまいます^^;

ロイヤル・ヨルダン航空(RJ)とスリランカ航空(UL)に至っては、サイトのデザイン・構成がほぼ同じでした。
 
こちらが、RJの画面。

そしてこちらが、ULの画面。

おそらく、アマデウスが提供したシステムのデフォルト画面をほぼそのまま利用しているのでしょう^^;
 
せっかくなので、ワンワールドメンバーでアマデウスを利用している航空会社一つ一つに対して、予約した特典航空券でできることを調べてみました。

Aviosで獲得した、JL国内線の特典航空券

まずは、JL国内線の結果です。

ここをタップして表示Close
航空会社 表示 マイレージ番号/連絡先の登録・変更 座席指定
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) ×
カンタス航空(QF) △(窓側/通路側の指定が可能)
ロイヤル・ヨルダン航空(RJ) ×
スリランカ航空(UL) ×
カタール航空(QR) ×
イベリア航空(IB) ×
フィンエアー(AY) ×
エアベルリン(AB) △(マイレージ番号のみ) ×
キャセイパシフィック航空(CX) × × ×

RJ, ULあたりは座席を選択するところまではいけたのですが、いざ確定ボタンをクリックするとエラーになってしまいます。
 
QFだけが唯一、窓側/通路側のリクエストを送ることができました。
 
ただし、これはBAのPNRに対してであって、JLのPNRに対してではありません。
 
先日の記事にも書きましたが、JLの予約番号(自社システム「アクセス」の番号です)とBAの予約番号(アマデウス)は異なるため、いくらJLの予約番号を他のアマデウスを利用している航空会社に入力しても、表示はされません。
 
表示されるのは、あくまでBAの予約番号を入力した時です。
 
なので、実際に座席が取得できているかどうかは、北米のJLのサイトで確認をしましょう。
 
別途JLの座席指定はすでに行いましたが、試しにQFのサイトで自分の座席だけ座席指定を行いました。

つまり、座席指定の情報がJLのPNRとQFのPNR両方に入っている状態になります。
 
どちらが優先されるのでしょうか?
 
おそらくJLの座席リクエストが優先されるんでしょうが、搭乗当日どうなっているか楽しみですね。
 
 
なお、JLは2017年をメドに自社の予約システムをアマデウスに移行する予定なので、その移行が完了すれば、わざわざ北米のJLのWebサイトへ行かなくても日本のサイトで座席指定ができるようになり、同じく上記航空会社のPNRを表示させることができるようになるでしょう。
 
妻のAvios登録は、ABのサイトで行っておきました^^;

Aviosで獲得した、BA国際線の特典航空券

続いて、BA国際線の結果です。

ここをタップして表示Close
航空会社 表示 マイレージ番号/連絡先の登録・変更 座席指定
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
カンタス航空(QF) ×
ロイヤル・ヨルダン航空(RJ) ×
スリランカ航空(UL) ×
カタール航空(QR) ×
イベリア航空(IB) ×
フィンエアー(AY) ×
エアベルリン(AB) △(マイレージ番号のみ) ×
キャセイパシフィック航空(CX) × × ×

今回はBAの予約だったのでもちろんBAのサイトでは座席指定ができるのですが、全て有料座席となっていたため、QFを含む他のサイトでは全て座席指定はできませんでした。
 
マイレージ番号は、QFサイトで登録しておきました。

まとめ

さすがに、同じワンワールドメンバー内でも、Sabreを利用しているアメリカン航空(AA)では開くことはできませんでした。
 
また、アマデウスを採用している他のアライアンス(LHやTGなど)も、表示はされませんでした。
 
ワンワールドは、マイレージ的にもちょっと緩めですがセキュリティ的にもちょっと緩めなことがわかってしまいました・・・。
 
航空会社同士はいいとしても、エンドユーザーも閲覧できてしまうのは、どうなのよ、と。
 
逆に、Sabreを利用している航空会社同士(例えば、AAとS7, MHとか)も、PNRを表示できてしまうんでしょうか。
 
これは、次に実験してみる必要がありそうです 🙂
 
ちなみに、同じことをスターアライアンスメンバーで行ったところ、全日空(NH)(アルテアユーザーです)で作成したPNRをルフトハンザ・ドイツ航空(LH)をはじめとするアルテアユーザーのサイトで確認しましたが、全てエラーとなりました。
 
ただ、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)の記録は、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)とオーストリア航空(OZ)で表示することができました。
 
これは、すべてLHグループの会社だからということだと思います。
 
この辺りは、スターアライアンスはセキュリティがしっかりしていますね。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)