アラスカ航空(AS)が日本航空(JL)のプレミアムエコノミーをマイレージチャートから削除

アラスカ航空(AS)が日本航空(JL)のプレミアムエコノミーをマイレージチャートから削除

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
今とても熱い航空会社・アラスカ航空(AS)のマイレージチャートに動きがありました。
 
大きな変化ではありませんが、将来の改悪に向けての布石かもしれません。

ASマイレージを利用してのJLフライトはすごい

ASがJLフライトでの必要マイレージ数を発表した時、衝撃が走りました。

Screenshot日本航空(JL)のファーストクラスで世界半周が70,000マイルでできる航空会社

日本航空(JL)のファーストクラスで世界半周が70,000マイルでできる航空会社

これだけ少ないマイレージ数でファーストクラスのフライトができるなんて、そうそう長くは続かない(そのうち改悪される)と思っているのですが・・・ASは改悪を平気でやってきます。しかも、事前告知なしで。

プレミアムエコノミーがない!

今回の変化も、その一環かもしれません。
 
以前はチャートにあった、アジア(日本) – 北米大陸間のプレミアムエコノミーの必要マイレージ数が、ある日を境に消えていたんです。
 
ちなみに、必要マイレージ数は片道40,000 – 45,000マイルでした。
 
現在のJLフライトでの必要マイレージ数は、
 
・エコノミー : 片道35,000マイル
・ビジネス : 片道60,000マイル
・ファースト : 片道70,000マイル
 
となっています。
(As of 24APR17)

まとめ

実際に空席チェックをしてみましたが(TYO – SFO)、直近であってもエコノミークラスであればJLフライトは空いていました。
 
ただ、ビジネスクラス・ファーストクラスはなかなか空いていなかったです。
 
代わりに、アメリカン航空(AA)のビジネスクラスやファーストクラスが結構出てくるのですが、AAの場合は
 
・日本 – アメリカ間 : エコノミー
・アメリカ大陸間 : ファースト
 
というクラスが混在している場合であっても「ファーストクラス」として表示されるので、注意が必要です。
 
いずれにしても、JLを利用してのフライトは、エコノミー以外は見つけるのが難しそうです。
 
ちなみに、自分が狙っているのはキャセイパシフィック航空(CX)を利用した
 
・日本 – ヨーロッパ
・日本 – オセアニア
 
です。
 
CXフライトを利用する場合はオンラインでは予約できず、直接ASのコールセンターに電話をして予約をする必要があります。
 
ここで、英語ができる人とできない人で差が出てきます。
 
その分、空き状況はJLに比べるとよいのではないか、と。
 
 
何をするにも英語が必要な時代になってきましたね。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)