ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを利用した日本 <-> 香港線の空席状況

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを利用した日本  香港線の空席状況

AviosハンターのPAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosは近距離に強いとかねがねお伝えしていますが、その中でもキャセイパシフィック航空(CX)との相性は抜群です。
 
つい最近、自分もAviosを利用して家族3人分のCXフライト・ビジネスクラス片道を特典航空券で予約しました。

Screenshotバースデーフライト2017(HKG – HND CX542)

バースデーフライト2017(HKG – HND CX542)

相性がとても良いBAとCXですが、座席の空き状況には一定のルールがあるようです。
 
今日は、そのルールについてちょっと掘り下げてみたいと思います。

空席状況のルールとは?

日本 <-> 香港に限らず、Aviosを利用した特典航空券の空席状況は、日々変化します。
 
予約がされてた/されていないに関わらず、検索した日付が出発日の何日前かによって、座席の空き具合が刻々と変化するようです。
 
人の手でコントロールするのはとても大変なので、おそらくシステムで制御しているのでしょう。

法則性はない

では、その空き状況の変わり具合はどのようなものなのでしょうか。
 
例えば、
 
・HKG – TPEの路線で、出発日まで7日を切った空席が出なくなった
 
とか、
 
・HKG発のすべての路線で、出発日まで22日を切った空席が出なくなった
 
とか、様々です。
 
法則はありません。
 
ただし、いずれにも共通しているのは
 
出発日を基準に空席状況が変化している
 
ということです。

出発日はとても重要

特典航空券に限らず、通常の航空券を購入する場合でも、出発日の○○日で結果が変わるということはしょっちゅうあります。
 
昨日まであった航空券が今日になったら無くなっている!
 
とか、
 
昨日まではJPY20,000だったのに今日はJPY30,000になっている!
 
とか。
 
これは、その航空券の運賃規則(ルール)の中に
 
Advance Purchase
 
という項目があって、予約をする日が出発日の14日前までに購入・発券しなければいけない、とか、3日前までに購入・発券すればいい、とかがあるからです。
 
これを旅行業界的には、AP14とかAP3とか言います。
 
例えば、
 
・JPY20,000のTYO – HKGの航空券
・AP14
・出発日 : 2017/6/17
 
という条件の場合、予約する日が2017/6/3であればOKですが、6/4だともう購入することができません。
 
昨日までは予約サイトに出ていたのに・・・という結果になってしまいます。
 
なので、出発する日が決まっていて後は購入するだけ、というような場合、出発日の14日前 / 3日前に購入するというのは一つのポイントだと思います。
 
安い運賃が出ていたら迷わず購入!
 
が鉄則です。

実際の日本 <-> 香港線の空き状況は?

それでは実際に、香港線の空き状況を出発日をずらしつつ見てみましょう。
 
出発日の14日前(AP14)と、3日前(AP3)でみてみます。
※今回の空き状況はあくまで、この記事を書いている2017/6/3時点のものなので、今後状況は変わりますのでご了承ください

HND <-> HKG

AP14


AP3



AP3の日本発は、CXではなくJLが表示されています。
 
ちなみに、同じAP3でHKG発にした場合も、CXは表示されずJLのみの表示でした。
 
出発日をずらして行って、やっと出発日6日前にCXフライトが出てきました。

KIX <-> HKG

AP14


AP3



こちらも、AP3の日本発のフライトはCXフライトは表示されませんでした。
 
出発日をずらして行って、やっと出発日6日前にCXフライトが出てきました。

NGO <-> HKG

AP14


AP3



こちらも、AP3の日本発のフライトはCXフライトは表示されませんでした。
 
出発日をずらして行って、やっと出発日6日前にCXフライトが出てきました。

FUK <-> HKG

AP14


AP3


こちらも、AP3の日本発のフライトはCXフライトは表示されませんでした。
 
出発日をずらして行って、やっと出発日6日前にCXフライトが出てきました。

CTS <-> HKG

AP14


AP3


こちらも、AP3の日本発のフライトはCXフライトは表示されませんでした。
 
出発日をずらして行って、やっと出発日6日前にCXフライトが出てきました。
 
なお、OKA – HKGという路線もありますが、こちらは直近では空席がなかなかありませんでしたが出発日6日前に、子会社のキャセイドラゴン航空(KA)のフライトで片道のOKA – HKGで空きが見つかりました。

まとめ

以上より、Aviosを利用してCXに搭乗したい場合は、出発日の6日以上前に予約することが必要なようです。
 
これは、日本発でも香港発でも同様のようなので、往路復路でそれぞれ別航空会社のマイレージを利用して片道ずつ特典航空券を予約する場合には、より出発日が遠いHKG発のフライト(日本へ戻ってくる便)でAviosを利用するようにしましょう。
 
そうすれば、CXフライトの予約がより確実にできそうです。
 
また、JL便でも良いのであれば、出発当日でも予約ができる、ということがわかりました。
 
6/4 AM0.30くらいに、6/4出発の検索をしたところ、こんなに空きがありました。

本当に使いやすいですね。
 
安い運賃が出ていたら即購入するべき例として、コミュニティの共同管理人Ollieさんがとても良い例を記事にされています。

Screenshot超破格!!エクスペディア、カタール航空のビジネスクラスを1/3の価格で販売中!?

超破格!!エクスペディア、カタール航空のビジネスクラスを1/3の価格で販売中!?

航空券のルールを知って、賢く旅をするようにしましょう 😉

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)