ブッキングクラスとマイレージの関係

ブッキングクラスとマイレージの関係

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
あなたは、「ブッキングクラス」と「マイレージ」について、考えたことがありますか?
 
同じエコノミークラスでも、価格が異なるのは、この「ブッキングクラス」が大きく影響しているからです。

ブッキングクラスとは

ブッキングクラスとは航空券やホテルなどで予約の取りやすさをクラス分けしたもののことです。これは、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスなど、シートのクラス(キャビンクラスといいます)とはまた別のものです。
 
エコノミークラスの中でも、Nクラス、Tクラス、Sクラスなどなど、色々と値段設定・マイレージ設定が分かれているんですが、このアルファベットのことを「ブッキングクラス(予約クラス)」と言います。
 
例えば、

  • 出発日当日でも購入できる普通運賃はYクラス -> マイレージ加算率100%
  • 出発日の3日前までに購入の格安航空券はSクラス -> マイレージ加算率25%
  • 格安パッケージツアーのQクラス -> マイレージ加算率0%
  •  
    などです。

    IATAの定めるブッキングクラス標準

    国際線を運航する航空会社、旅行代理店、その他の関連業界のための業界団体であるIATA(International Air Transport Association, 国際航空運送協会)の定めるブッキングクラスと、そのブッキングクラスに対するキャビンクラス(プレミアムファースト/ファースト/ビジネス/プレミアムエコノミー/エコノミー)の分類は以下のようになっています。

    ここをタップして表示Close
    キャビンクラス ブッキングクラス
    First Class Premium P
    First Class F
    First Class Discounted A
    Business Class Premium J
    Business Class C
    Business Class Discounted D, I, Z
    Economy/Coach Premium W
    Economy/Coach S, Y
    Economy/Coach Discounted B, H, K, L, M, N, Q, T, V, X

    ただ、この規定はあくまで原則であって、各航空会社毎に独自にブッキングクラスとキャビンクラスの紐付けをすることができます。
     

    QRで加算できるマイレージ数

    カタール航空(QR)が、2017年3月31日までに搭乗する、エコノミークラスを対象にセールをやっているようです。
     
    ブッキングクラスがNクラスを予約すると、QRのマイレージプログラムだと50%付きます。
    ブッキングクラスがTクラスを予約すると、QRのマイレージプログラムだと25%付きます。
     
    マイレージは区間ごとに計算され、ブッキングクラスも区間ごとに割り当てられています。
     
    例えば、東京(TYO)からドーハ(DOH)経由でバルセロナ(BCN)へ行くとき、往復の場合は
     

    全てNクラスだった場合

    ( 5120(TYO-DOH) + 3020(DOH-BCN) + 3020(BCN-DOH) + 5120(DOH-TYO) ) * 50% = 8140マイル

    全てTクラスだった場合

    ( 5120(TYO-DOH) + 3020(DOH-BCN) + 3020(BCN-DOH) + 5120(DOH-TYO) ) * 25% = 4070マイル

    往路がNクラス、復路がTクラスだった場合

    ( 5120(TYO-DOH) + 3020(DOH-BCN) ) * 50% + ( 3020(BCN-DOH) + 5120(DOH-TYO) ) * 25% = 6105マイル

    が、それぞれ獲得できるマイル数となります。 

    提携航空会社のマイレージプログラムでも加算できる

    QRはワンワールドメンバーなので、JLのマイレージカードを持っていてもマイルは付きますがNクラスの場合は30%しか付きません。
     
    Tクラスに至っては、0%です。
     
     
    同じようにAAのマイレージプログラムだと、Nクラスは50%付きますが、Tクラスは0%。

    BAのマイレージプログラムだと、Nクラスは25%付きますが、Tクラスは100%。
    ※これはお得ですね
     
    CXのマイレージプログラムだと、Nクラス、Tクラス共に0%です・・・。
     
     
    ブッキングクラスや航空会社によって、獲得できるマイル数が変わってくるんですね。

    獲得できるマイレージを最大化させよう

    今回のQRの例で言うと、
     

    ブッキングクラスが全てNクラスの場合

    予約時にQRかAAのマイレージ番号を登録する
    ⇒QRかAAのマイレージで8140マイル獲得
     

    ブッキングクラスがTクラスの場合

    BAのマイレージ番号を登録する
    ⇒BAのAviosで16280マイル獲得
     

    ブッキングクラスが往路Nクラス、復路Tクラスの場合

    BAのマイレージ番号を登録する
    ⇒BAのAviosで10155マイル獲得

    という付け方が、マイルを効率的に貯められるようです。

    QRはこんなフライト

    QRはヨーロッパ方面へ、燃油込みでJPY90,000前後で行けるのですが、乗り継ぎがあまり良くなくヨーロッパへ行くのに19時間~24時間くらいかかってしまいます^^;
     
    ただ、トランジット(乗り換え)の時間が8時間以上あれば超豪華ホテル(無料送迎付き)で無料で休憩することができるらしいですよ!
     
    また、QRを含めた中東系の航空会社はサービスもよく、機材も新しいものが使われています。
     
    値段を重視したい方、QRの機材を楽しみたい方、あえてトランジットを8時間以上のフライトを選んで超豪華ホテルで休憩したい方はぜひチェックをしてみてくださいね。
     
    QRのサイトで色々な旅程を試しに見てみる
     

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)