Business Class Review : CA184(HND – PEK)

Business Class Review : CA184(HND – PEK)

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
2017年6月のイギリス帰省の折、初めて利用した中国国際航空(CA)。
 
CAのビジネスクラスも初めてな訳ですが、搭乗記を感想と共に記します。

HNDでチェックイン

羽田空港(HND)のCAチェックインカウンターはKにあります。

隣はBA。
 
BAにチェックインしたい気持ちを抑えつつ、CAのビジネスクラスチェックインカウンターへ。

朝早いフライトでしたが、エコノミークラスの方は行列ができていました。

機材、中の様子

機材はA320です。
 
機内の安全についてのカードにはA321-200とありましたが、機材変更があったんでしょうか。

機材とカードの名前を統一させないあたりが、中国的なんでしょうか。
 
A320は、A321とは違いモニタがあります。
 
映画やドラマ、エンタテイメントを利用することができますが、TVのCMが1分30秒とやたら長い^^;
 
日本語の映画・ドラマは合計2本で、あとは中国語の英語字幕か英語の中国語字幕がほとんどでした。
 
また、もともとフライトはA321の予定だったのですが、A321にはモニタがありません。
 
3時間くらいのフライトですが、特に仕事などがない場合には中途半端な時間です。退屈するかもしれません。
 
日本語の映画やドラマを見たい場合は、オンデマンドなのでダウンロードしておいた動画を持っていった方がいいと思います。

座席

今回の座席は04C。

幸いなことに、隣が空いていました。
 
なので、当時1歳の息子をゆったり座らせるという贅沢な使い方。

レッグルームは、このくらいです。

ゆっくり、足を伸ばせる感じです。
 
04Cは後ろが壁の席ですが、もちろん座席を倒すことはできます。

食事

出て来た食事は、こんな感じ。

妻のためにベジタリアンの食事にしておいたのですが、結局自分が食べることになりました。
 
これはこれで、おいしかったです。
 
ただし、画面中央のパクチーには一切手をつけず^^;

PEKの様子は・・・

大きな遅れもなく、無事に北京首都空港(PEK)に到着。
 
HNDからのフライトは通常、ターミナル3のEに到着します。
 
今回、人生で初めて中国の空港を利用したわけですが、さすがに北京「首都」空港というだけあって、綺麗に整備されていました。

開放感はあったけど、なんとなく薄暗かったかな、という印象です。

また、乗り継ぎの際セキュリティチェックがあるのですが、ここが時間帯によっては激混みです。
 
スペースがあまりない上に人がたくさんなので、階段まで行列ができていました。
 
あとは、なかなか英語が通じません。
 
こちらが英語で質問をしても、的を得ない回答ばかり。
 
息子にちょっとしたアクシデントがあったので、救急処置室(First Aid)へ行ったのですが、そこでも英語はほとんど通じませんでした。
 
たまたま、親切な英語を話せる人が(多分中国の人)ちょっと通訳みたいなことをしてくれましたが、ちょっと大変でした。
 
思わず妻に、
 
Did I speak English wrong?
 
と聞いてしまいました・・・。
 
それでも、とりあえず最低限の英語をゆっくり話せば通じます。
 
息子のアクシデントも解決し、とりあえずラウンジへ。

Screenshot北京(PEK)BGSプレミアラウンジのWifiスピードチェック

北京(PEK)BGSプレミアラウンジのWifiスピードチェック

次回のPEK – LHRに続きます。

ブッキングクラス、マイレージ

搭乗したブッキングクラス : R(NHマイレージの積算率 : 125%)
獲得したマイレージ数 : 1,641

Comments

comments

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Ken Y.

    Don’t fly that shitty airline!

    • By par

      Although it was not as bad as I thought, I would choose it the last, haha 🙂

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)