Business Class Review : CA855(PEK – LHR)

Business Class Review : CA855(PEK – LHR)

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
2017年6月のイギリス帰省の折、初めて利用した中国国際航空(CA)。
 
乗り継ぎ地の北京空港(PEK)の様子と、搭乗した機材や中の様子をお伝えします。
 
PEKまでのフライトは、こちらをどうぞ。

ScreenshotBusiness Class Review : CA184(HND – PEK)

Business Class Review : CA184(HND – PEK)

PEKにて

PEKは国際線乗り換えの際にもセキュリティチェックがあるのですが、そのセキュリティチェックも大行列。
 
更に場所が狭いので、階段まで人が溢れていました。
 
中国人のよく分からない英語に惑わされつつ何とかセキュリティチェックも終わり、まずはお腹が空いたのでラウンジへ。

Screenshot北京(PEK)BGSプレミアラウンジのWifiスピードチェック

北京(PEK)BGSプレミアラウンジのWifiスピードチェック

食べ終わった後空港内を見て歩いていると、面白いものを見つけました。
 
PEKの案内板です。

赤枠で囲ったところに、Playgroundのマークがあります。
 
ただ、このPlaygroundのマークが、地図のどこにもありません。
 
なんだこれ?
 
中国だから?
 
と妻と笑いながらその辺りを歩いていると、ありました。
 
「Playground」が。

これはPlaugroundではないとわかっているから、あえて地図には載せなかったんでしょうか・・・。
 
地図でいうと、8番のあたりです^^;
 
少し子供を遊ばせた後、イギリスでは有名なCostaで飲み物を購入して一息。

エレベーターの英語表記も、
 
Lift
 
でイギリス式です。
 
いいですね。
 
一息ついて、搭乗ゲートへ。

このフライトは、ヴァージン・アトランティック航空(VS)との共同運航便です。
 
VSはCAとマイレージ提携を行っているのですが、VSマイレージは、このPEK – LHRのCAフライトのみ獲得することができます。
 
ただ、降りてみると薄暗くて何だかどんよりしています。
 
ロンドン線なのに、地下の薄暗いところが搭乗ゲートという何とも残念な感じでした・・・。
 
そして、実際搭乗する飛行機はターミナルからだいぶ離れたところにあるので、バスの移動となりました。
 
タラップで乗り込みます。

機材、中の様子

いよいよ、長距離フライトのビジネスクラス。
 
子連れだったので、FAの方々がこぞってお出迎えをしてくれました。

座席

座席はもともと14Cだったんですが、通路を隔ててより前方の、13Cへ案内されました。
 
ビジネスクラスの前方は、こんな感じです。

結構座席は空いていました。
 
13Cの隣は空いていたので、当時1歳の息子を座らせるという贅沢な使い方ができました 🙂

CAのフライトアテンダントの方の計らいに感謝です。
 
今回の機材は、A330-200です。

専用のノイズキャンセルヘッドフォンを貸してくれます。

ちなみに、トイレはこんな感じ。

歯ブラシセットと、コップが置いてあります。

食事

実は今回、自分は修行のために息子と一緒にビジネスクラス、妻はエコノミークラスという格差予約を行いました^^;
 
そして、妻がもしかしたら食事をするかもしれないということでビジネスクラスのミールもベジタリアンミールをリクエストしておいたんですが、妻のエコノミークラスでのベジタリアンミールが手配できていないというCAのミス。
 
そのため、自分のビジネスクラスのベジタリアンミールをエコノミークラスの妻に配り、妻のエコノミークラスの食事が自分のところに来るというアクロバティックな食事となりました^^;
 
なので、ビジネスクラスでエコノミークラスの機内食を食べるというなかなかない経験もすることができました^^;
 
味は、ちょっと化学的な味がしましたかね^^;
 
なので、写真は撮っていません^^;

フルフラットシートで、おやすみなさい

妻に来てもらって何とか息子を寝かすことができ、自分も眠くなって来たので座席を倒して寝ることにしました。

息子が起きるまで、ゆっくりと寝ることができました。
 
やっぱりいいですね、フルフラットシート。
 
朝食は、着陸間近に起きたため急いで食べたので、こちらも写真がありません^^;

無事LHR着


CAは、ターミナル2です。
 
CAの長距離フライトも、思った程悪くありませんでした。
 
FAの方も丁寧だったので、イヤな思いをすることはありませんでした。
 
ただ妻は、息子が途中泣いてしまって寝かしつけるためにエコノミークラスとビジネスクラスの間を行ったり来たりしたのでほとんど眠れなかったそうです・・・ごめんなさい^^;
 
次はマイレージで、ビジネスクラスをプレゼントします!

ブッキングクラス、マイレージ

搭乗したブッキングクラス : R(NHマイレージの積算率 : 125%)
獲得したマイレージ数 : 6,310

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)