Business Class Review : CI915(TPE – HKG) A350-900!

Business Class Review : CI915(TPE – HKG) A350-900!

​​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
家族で香港へ行った時の往路のフライト、台北(TPE)から香港まで。
 
中の様子などをお伝えします。

TPEのラウンジ

フライトを待っている間、チャイナエアライン(CI)のラウンジへ行って来ました。

Screenshotスカイチームの航空会社ラウンジを使い倒したい!(TPE)#2

スカイチームの航空会社ラウンジを使い倒したい!(TPE)#2

搭乗ゲートへ

ラウンジから出て、搭乗しようとゲートへ行ったところ、すでに行列が。

そして、もともと指定していた座席からいきなり「17G」という座席に変わり、何があったんだ?と思ったんですが、どうやら機材変更があったようです。
 
まぁ、しょうがない。
 
中に入ってみてあらびっくり。
 
変更後の機材は、エアバスのA350-900(359)ではありませんか!

嬉しいハプニングでちょっと興奮しちゃいましたが、忘れずに中の様子を、動画にしてみました。

機材、中の様子

座席

座席は、こんな感じ。

斜め向きの座席なので、離陸を斜めに見るようになります。

なんだか、変な感じでした^^;

足元は、だいぶ広いです。

スリッパは、ありませんでした。
 
有料ですが、Wifiも利用できます。
(有料なのでWifiスピードチェックはなしです^^;)

肘掛を開けると、ここにもタッチパネルのリモコンが。

A350は、ノイズキャンセリングのやつです。

座席は一つ一つ独立しているので、横も頭がくるあたりに仕切りがあります。

息子がしきりに妻のところへ行こうとしていましたが、小さい子供にとっては、親が見えないから不安になるかもしれないですね。
 
大人にとってはプライバシーが確保されていいのかもしれないですが、子連れの家族向けの席ではないかな、という感じです。

食事

出発がだいぶ遅れました。
 
食事はお昼時をちょっと過ぎた時間でしたが多めの量です。

息子にリンゴをあげたのですが、息子の口には合わなかったようです・・・何か変な添加物が息子の口を刺激したんでしょうか。
 
そうこうしているうちに、香港が見えてきました。


静かに、到着です。

A350の感想は・・・

2時間くらいのフライトでしたが、新しい機材を楽しむことができました。
 
離陸も静かだったし、飛行中もとても静かだったように思います。
 
到着後は、省エネのため窓を閉めてください、と言われました。
 
だから搭乗時、暗かったんですね。
 
実は、KIX – TPEもA350で運航されている日があります。
 
スカイペソ、と世界中で馬鹿にされているデルタ航空(DL)のマイレージですが、日本から香港も、日本から台湾までも同じくビジネスクラス片道30,000マイル。
 
ちょっと必要マイレージ数が多いですが、
 
「A350に乗る」
 
という目的を達成するための、新しいスカイペソの使い方を見つけたような気がします。
 
予約は1ヶ月くらい前にしましたが、それでも結構空いているので、意外と再現可能性高いかも。

ブッキングクラス、マイレージ

搭乗したブッキングクラス : O(DLマイレージ利用)
獲得したマイレージ数 : 0(DLマイレージ利用のため)

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)