トランスアジア航空(GE)の路線はチャイナエアライン(CI)が引き継ぐことに

トランスアジア航空(GE)の路線はチャイナエアライン(CI)が引き継ぐことに

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
2016/11/22にトランスアジア航空(GE)が突然運航停止を決定し、困った方が多くいると思いますが、知り合いがちょうどGEで台湾へ行き、渡航中に運航停止のニュースを聞き大変な目に遭いました。
 
結局、払い戻しの手続きを行った後バニアラエア(JW)のチケットを購入して帰国したそうです。

GEのチケットの払い戻し方法

GEで直接購入した未使用航空券のうち、クレジットカードで購入した航空券は、ホームページの「払い戻し申請」から手続きを行う必要があります。
https://gessl.tna.com.tw/refund?culture=ja-jp
 
申請画面で「払戻し手数料が必要です」と記載あるものの、全額返金されます。
 
これを旅行業界的には「ウェーバー(Waiver)」といいます。
 
地震などの大規模災害や、今回の運航停止のように乗客都合ではないやむを得ない理由の場合に、払い戻し手数料なしで全額返金されることです。
 
また、現金で購入した航空券は航空券番号などの必要事項をメールで送付することで、銀行口座へ返金を受けることができます。
 
旅行会社で航空券を購入した航空券は、購入した旅行会社に連絡しましょう。

GEのチケットを払い戻したら

とりあえずチケットの払い戻しは行われるようですが、他社への振替は行われません。台湾へGEを使って旅行中だった!という人は、台湾から日本に帰って来るには別の航空券を新たに購入する必要があります。
 
そんな中、チャイナエアライン(CI)とエバー航空(BR)は、GEの未使用航空券を持つ人を対象に特別料金での航空券を販売しています。
 
対象となるのは、

  • CI
  • すでに台湾を出発済みかつGEの台湾行き未使用航空券を持つ、海外にいる人

  • BR
  • GEの航空券を持つ人
     
    いずれも購入期限は11月30日まで、搭乗期間は12月31日までとなっているそうです。
    ※チェックインの際に、GEの航空券や搭乗証明に値するものを提示する必要があります
     
    日本人的にうれしいのは、BRの対応ですね。
     
    どこで購入するかが不明なのですが、電話または直接空港のチェックインで問い合わせてみる必要がありそうです。
     
    ・CIコールセンター :
    03-6378-8855
    営業時間 : 9:00~12:00, 13:00~17:30(日本時間)
     
    ・BRコールセンター :
    0570-666-737
    03-5798-2811
    営業時間 : 9:00-12:30, 13:30-17:30(日本時間)
     

    既存のGE路線はどうなる?

    現在GEは、台北桃園(TPE)から大阪(KIX)、成田(NRT)、札幌(CTS)、函館(HKD)、旭川(AKJ)、仙台(SDJ)、福岡(FUK)に乗り入れていますが、12月からはCIがGEの路線をほぼ全路線引き継ぐことになりました。
     
    いずれ路線の見直しでいくつかの日本 – TPE線は運休になるとは思いますが、GEが就航していた上記空港で今現在TPEへ運航している航空会社について調べてみました。

    ここをタップして表示Close
    空港 直行便乗り入れ航空会社
    KIX ジェットスター・アジア航空(3K)
    バニラエア(JW)
    Peach Aviation(MM)
    タイガーエア台湾(IT)
    フィリピン航空(PR)
    キャセイパシフィック航空(CX)
    チャイナエアライン(CI)
    日本航空(JL)
    エバー航空(BR)
    全日空(NH)
    NRT スクート(TZ)
    ジェットスター・ジャパン(GK)
    バニラエア(JW)
    デルタ航空(DL)
    タイガーエア台湾(IT)
    キャセイパシフィック航空(CX)
    チャイナエアライン(CI)
    日本航空(JL)
    エバー航空(BR)
    全日空(NH)
    CTS スクート(TZ)
    チャイナエアライン(CI)
    エバー航空(BR)
    全日空(NH)
    HKD タイガーエア台湾(IT)
    エバー航空(BR)
    AKJ なし
    SDJ タイガーエア台湾(IT)
    エバー航空(BR)
    FUK キャセイパシフィック航空(CX)
    タイガーエア台湾(IT)
    チャイナエアライン(CI)
    エバー航空(BR)

    中には1日2便運航している航空会社もあるので、毎日多くのTPE発着フライトがあるんですね。
     
    GEの国内線や日本を含む国際線全部を引き継ぐそうなのですが、そうなればCIはHKD, AKJとSDJに新たに就航することになります。
     
    AKJにはBRもITも就航していないので、そのまま顧客を取り込むことができそうです。
     
    SDJには既にBRとタイガーエア台湾(IT)が就航していますが、これで新たにCIも乗り入れる形になりました。
     
    仙台出身のPARはちょっと注目しています。
     
    BRやITとの価格競争で仙台発の運賃が安くなるのかな、とか、
     
    SDJからCIに乗ったら、スカイチームのラウンジはどこが使えるのかな、とか 😀
     
    SDJが民営化されてしばらく経ちますが、今度SFC修行で久しぶりにSDJを利用するので、速めに空港へ行って色々見て回りたいと思います。

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)