デルタ航空(DL)・SkyMilesの使い道を考える

スポンサーリンク

デルタ航空(DL)・SkyMilesの使い道を考える

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
なかなか使い道のないデルタ航空(DL)のマイレージプログラム・Skymilesですが、公式のアワードチャートがないのでよい方面を探すのが大変です。
 
そんな中、まだ使えそうな方面を振り絞ってみました。

アメリカ国内(近距離)

かなり場所は限られますが、エコノミークラスが片道5,000マイル(往復10,000マイル)で搭乗できる方面があります(DL便)。
 
例えば、サンフランシスコ(SFO) – シアトル(SEA)とか。
 
ただ、同じアメリカ西海岸のフライトなら、アラスカ航空(AS)の方が断然お得です。

Screenshotアメリカ国内を5,000マイルで2都市旅する方法

アメリカ国内を5,000マイルで2都市旅する方法

どうしてもDL便で移動したい、という場合に利用しましょう。

アメリカ – ロンドン(LHR)

ヴァージン・アトランティック航空(VS)を利用する形になりますが、
 
・エコノミークラス片道35,000マイル、往復70,000マイル
・ビジネスクラス片道85,000マイル、往復170,000マイル
 
で搭乗できます。
 
この路線は2017年4月に改悪がありました。
 
元々は
 
・エコノミークラス片道30,000マイル、往復60,000マイル
・ビジネスクラス片道70,000マイル、往復140,000マイル
 
でした・・・。
 
VSが就航しているアメリカの都市は、

  • ボストン(BOS)
  • シカゴ(ORD)
  • ラスベガス(LAS)
  • ロサンゼルス(LAX)
  • ニューヨーク(JFK)
  • ニューアーク(EWR)
  • マイアミ(MIA)
  • オーランド(MCO)
  • サンフランシスコ(SFO)
  • ワシントンD.C.(IAD)
  •  
    西海岸でも東海岸でも同じマイレージ数なので、サンフランシスコ(SFO)やロサンゼルス(LAX)、ラスベガス(LAS)あたりからならお得かもしれないですね。
     
    DLとVSは提携をしていて、最近かなりその色が濃くなってきています。
     
    VSの基幹システムはDLの基幹システムを基に作られているので、そのうちDLのマイレージをVSのマイレージに移行できるようにならないかな?と淡い期待をもっています。
     
    そうなったら、DLマイレージをガリガリ貯めるんですけどね。

    日本 – アメリカ西海岸

    ・エコノミークラス片道35,000マイル、往復70,000マイル
    ・ビジネスクラス片道80,000マイル、往復160,000マイル
     
    中国南方航空(CZ)を利用して、アメリカまで行くことができます。
     
    日本からだと、かなり遠回りになりますが・・・^^;

    日本 – 韓国

    ・エコノミークラス片道7,500マイル、往復15,000マイル
    ・ビジネスクラス片道15,000マイル、往復30,000マイル
     
    となっていて、大韓航空(KE)を利用して搭乗することになります。
     
    DLの中ではこれが一番、お得なのではないでしょうかね。
     
    実際に、エコノミークラスの特典航空券を予約しました。

    Screenshotデルタ航空(DL)のサイトで予約した大韓航空(KE)の特典航空券の座席を指定する

    デルタ航空(DL)のサイトで予約した大韓航空(KE)の特典航空券の座席を指定する

    日本 – ベトナム

    ・エコノミークラス片道22,500マイル、往復45,000マイル
    ・ビジネスクラス片道40,000マイル、往復80,000マイル
     
    ベトナム航空(VN)を利用します。
     
    ビジネスクラスは全くお得ではありませんが、エコノミーならなんとか・・・という感じです。

    CIフライトのTPE – YVR

    このフライトがなぜお得かというと、この路線は現在、ボーイング747-400という機材が使用されています。
     
    この機材は、今となっては結構古めの機材で、座席の構成は
     
    ・ファーストクラス12席
    ・ビジネスクラス49席
    ・エコノミークラス314席
     
    となっているのですが、ファーストクラスの部分が実質ビジネスクラス、ビジネスクラスの部分がプレミアムエコノミーとして利用されているんです。
     

    なので、この路線のビジネスクラスを特典予約すると、なんとファーストクラスの座席に座れてしまうんです!
     
    実際にDLのサイトで座席を見てみると、’Business Class’の欄が以下のようになっています。
    CI_DL_TPE-YVR
    ちょうど、12席です。
     
    片道ビジネスクラスの必要マイレージ数は、80,000マイル。
     
    機材は古いとはいえ、実質ファーストクラスなので、お得ですよね。
     
    エコノミークラスでも、35,000マイルです。

    2017年中には新しい機材に変わってしまうそうなので、ファーストクラスの座席を味わうなら今のうちです! 🙂

    まとめ

    スカイマイルはあまりにも価値が低いので、「スカイペソ」なんて言われているそうです・・・^^;
     
    まぁ確かにそうかなとも思うのですが、自分はスカイチーム上級会員維持のためだけにデルタAMEXゴールドカードを保有しています。
     
    そのため、更新ボーナスが必ず3,000マイル/年付与されます。
     
    マイレージの期限が無期限なので、のんびり貯められるのはいいところなのですが・・・。
     
    このマイレージの使い道を考えようと思ったのが、今回の記事のきっかけでした。
     
    ちなみに、先日シンガポール(SIN)へ行った時にエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードを試みたのですが、その際の必要マイレージ数は片道35,000マイル、往復60,000マイルでした(結局できませんでしたが)。

    ScreenshotNRT-SIN(DL615)の獲得マイレージ数

    NRT-SIN(DL615)の獲得マイレージ数

    デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについて

     
    デルタ航空・スカイマイルでは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会し、そのカードを保有し続けるだけで、半永久的に上級会員(ゴールドメダリオン会員)になれる」というサービスです。
     
    デルタ・ゴールドメダリオン会員は特典がいっぱい。
     
    ゴールドメダリオン会員 = スカイチームのエリートプラス会員なので、デルタ航空だけでなく、スカイチーム加盟航空会社利用時も、同じメリットを受けられます。
     
     
    つまり、デルタ航空利用時のほか、以下のスカイチーム加盟航空会社に乗る時も、同じ上級会員の特典を受けることができます。

    ・大韓航空(KE)
    ・チャイナエアライン(CI)
    ・中国東方航空(MU)
    ・上海航空(FM)
    ・中国南方航空(CZ)
    ・廈門航空(HX)
    ・ガルーダインドネシア航空(GA)
    ・ベトナム航空(VN)
    ・エールフランス航空(AF)
    KLMオランダ航空(KL)
    ・アリタリア航空(AZ)
    ・アエロフロートロシア航空(SU)
    ・アエロメヒコ航空(AM)
     
    など。
     
    他にも、このカードを持つメリットとしては、
     
    優先チェックイン
    専用の荷物検査レーンが使える
    ビジネスクラスラウンジに入れる
    優先搭乗
    到着地での荷物の優先受け取り
    ボーナスマイル
     
    があります。
     
    年会費はJPY26,000(税込)ですが、あなたが1年に何回も上記スカイチームに乗られるのであれば、上記メリットを考えるとJPY26,000という値段は格安なのではないかと思います。
     
     

    紹介制度でデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを手に入れる

     
    デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには紹介制度があって、カードホルダーからの紹介だと、審査が通りやすいとかやすくないとか。
     
    また、紹介を受けた人に、いきなり15,000ポイントが付与されちゃうんです。
     
    15,000ポイントあれば、例えばスカイマーク(BC)の特典航空券と交換して、HND-UKB往復ができちゃいます。
    もしくは、KEで行くTYO-SELのエコノミー往復とか。
     
     
    興味を持たれたら、ぜひこちらのリンクからお申込みください! 🙂
    デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みはこちら

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)