スカイスキャナーとエクスペディアの違い

スカイスキャナーとエクスペディアの違い

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
あなたは、旅の予約をする際に、どのサイトを利用していますか?
 
 
この点に関して、もう一人の管理人・Ollieさんのスタイルは

基本、スカイスキャナーで問題無いです。

ザーッと見るのに適してます。
ただ、スカイスキャナーでは何故か引っかかりづらいキャリア(航空会社)もあるんで、私はエクスペディアも併用してます。

後は行き先に就航しているキャリアのHPを見ます。
完全な特別料金は自社サイト内でしか販売してない事もありますんで。


 
という感じです。
 
 
Ollieさんの指摘の通り、スカイスキャナーでは拾いきれないサイトもあるし、旅行会社や航空会社独自の運賃を持っていることがあるので、行きたい方面の航空会社のWebサイトを見てみましょう。
 
例1 : ドバイに行きたい場合
-> エミレーツ(EK), エティハド(EY), カタール(QR), キャセイパシフィック(CX),日本航空(JL)
+ エクスペディア、スカイスキャナー
 
例2 : ロンドンに行きたい場合
-> エミレーツ(EK), エティハド(EY), カタール(QR), アエロフロートロシア(SU),全日空(NH), KLM(KL), ブリティッシュエアウェイズ(BA), ターキッシュエアウェイズ(TK)
+ エクスペディア、スカイスキャナー
 
という具合です。
 
 
また、スカイスキャナーでは基本的に値段が安いものが出るようになっていますが、実際に詳細を見てみたら乗り継ぎ時間がメチャクチャ長いとか、中国系のキャリアばっかりとかが出てきちゃうことがあるので、そういう時は各航空会社のWebサイトや、エクスペディアをチェックするのがいいと思います。

旅行サイトのタイプの違い = 検索結果の違いとなる

 
旅行サイトによって、出てくる検索結果が異なります。これはなぜかというと、それぞれの予約サイトのタイプが違うからです。
 
旅行サイトには大きく分けて2つのタイプがあって、
 
・メタサーチ
・OTA(Online Travel Agancy)

に分類されます。
 

メタサーチ

メタサーチは、自身のところでは予約をさせず、契約している航空会社やエクスペディアなどのOTA(Online Travel Agancy、いわゆる旅行会社です)からデータを取得して、一覧化して表示するだけのサイトのことを言います。
 
  
スカイスキャナー
KAYAK
トラベルコ
 
あたりがその例です。
 
スカイスキャナーで、旅程を選択してボタンをクリックすると、
 
ご利用ありがとうございます。ページが移動いたしますので今しばらくお待ち下さい。
 
というようなメッセージが出るのは、OTAのページで実際に予約を行うためページをリダイレクトしているためです。
 
 

OTA(Online Travel Agancy)

OTAは、自身のサイトでユーザーの予約を受け付け、予約完了の案内や料金の徴収を行っています。
 
店舗を持たず、オンラインに特化した旅行会社を’OTA’と呼び、エクスペディアやDeNAトラベルなどがこの例です。
 
また、店舗もオンライン予約サイトも持っているのが、HISやJTBといった旅行会社です。
 

エクスペディア

DeNAトラベル

Surprice
 
 
OTAの中には、サイトで予約すると取扱手数料が発生しますが、メタサーチ経由だと手数料が0円になるところがあります。
 
これは、手数料込みの値段を設定してしまうと、メタサーチで検索結果に表示されず、競争に負けてしまうためです。
 
なので、取扱手数料を徴収しているOTAで購入したい航空券があった場合は、一度メタサーチ経由でチェックしてみるのもいいでしょう。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)