イギリスの電車「あずま」に乗ってヴァージン・アトランティック航空(VS)のマイレージを貯めよう

Flying ClubハンターのPAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

ヴァージン・グループの電車

ヴァージン・アトランティック航空(VS)はヴァージン・グループの一つなのですが、ヴァージン・グループは電車の運行も行っています。
 
ヴァージントレインズ(Virgin trains)という電車なのですが、ロンドン・ユーストン駅からのウェスト・コースト本線の中長距離列車などを運行しています。
 
さらに2015年、’National Express’グループのイースト・コースト(East Coast)本線(ロンドン – エディンバラ間)の営業権をヴァージン・グループが買い取り、ヴァージン・トレインズ イーストコースト(Virgin Trains East Coast)として運行を開始しました。
 
こんなヴァージントレインズでも、VSのマイレージを貯めることができます。
 
£1ごとに、2マイル獲得できます。

本当に伝えたかったのは・・・

実は今回自分が伝えたかったのは、VSマイレージのことではなくこのVirgin Trains East Coastの電車のことなんです。
 
2018年から、新しい車両が走ります。
 
製造したのは、日本の日立。
 
イギリスでは、日立が製造した電車が結構走っています。
 
新しい車両は、こんな感じです。


ん?
 
なんか日本語っぽいものが見えましたね。
 

そうなんです。
 
 
今回満を持して登場したその電車の名は・・・
 
 
あずま。
 
 
AZUMA。
 
 
East Coast(東海岸)を走る電車なので、「東(あずま)」なんだそうですが、日本人の自分でも一瞬わかりませんでした。
 
 
ひがし
 
 
じゃないの?と^^;
 
 
まぁ、
 
ひがし(HIGASHI)
 
よりは、
 
あずま(AZUMA)の方がいいのかな^^;
 
日立のセンスなんでしょうが、この名前、デザインはどうなんでしょう^^;
 
ひらがなが書いてあるあたり、個人的にはちょっとダサいかなぁと思ってしまうんですが・・・イギリス人の妻は、特に何も言ってませんでした。
 
イギリス人的には、ひらがながCoolに映ったんでしょうか。
 
 
イギリス人が’East’は日本語で「アズゥーマ」だ、と古めかしい方の単語で覚えてしまわないか、ちょっと心配です^^;
 
 
また、Virgin Trainsには’West Coast’もあるんですが、これもそのうち「西」ではなく
 
みやこ(MIYAKO)
 
という名前の電車ができるんでしょうか。
 
 
この「あずま」はロンドンから妻の実家があるリーズまで走っているので、2018年以降、VSのマイレージを貯めつつHITACHIの技術を体験して来たいと思います 🙂
 
最高時速は140マイル(225キロ)/hだそうです。
 
 
ヴァージン・グループの総帥、リチャードブランソンはこんな声をしていたんだ、と今回のニュースで初めて知りました 😀

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)