エティハド航空(EY) アメリカン航空(AA)フライトでの獲得マイレージ数を改悪

エティハド航空(EY) アメリカン航空(AA)フライトでの獲得マイレージ数を改悪

エティハド航空(EY)とアメリカン航空(AA)は長い間、パートナーシップを取り続けてきましたが、ここ数年で綻びが出てきたようです。
 
AAマイレージを利用してEYフライトビジネスクラスに搭乗した場合はリムジンサービスがつかなくなったり、EYフライトでのAAマイレージの加算率が低くなったり。
 
そして今回は、AAフライトでのEYマイレージの加算率が改悪となりました。
 
EY/AA間の「お得さ」が、一気に失われました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

改悪概要

今まで、AAフライトでエコノミークラスに搭乗したとしても、獲得できるマイレージは100%でした。
 
それが、ブッキングクラス毎に細かく加算率が分かれるようになってしまいました。

安い運賃で利用されるQクラスなどは、加算率が100%から一気に25%になってしまいました。
 
まぁ、今までの加算率が異常だったのかもしれません。
 
今回の改悪は、EY的にいうと「是正」になるんでしょう。
 
※もう一人の管理人・Ollieさんからご指摘をいただき、当該改悪は2016年8月から既に実施されていたようです^^;
ちょっと古い情報になってしまいました。Ollieさん、ご指摘ありがとうございます。
 
まさに、「中東のことはOllieに聞け!」ですね 🙂

マイレージ利用の方は?

EYマイレージを利用してAAフライトを利用する場合の必要マイレージ数は、幸い改悪はなかったようです。
 
日本からEYマイレージを利用してAAフライトでアメリカへ行く場合は、往復で
 
・エコノミークラス : 65,000マイル
・ビジネスクラス : 100,000マイル
・ファーストクラス : 125,000マイル
 
となり、ファーストクラスでの搭乗が断然お得になります。
 
※詳細は、EY公式サイトをご覧ください

まとめ

EYマイレージはAAだけでなく、他の提携航空会社との間でも少しずつ改悪を行っています。
 
また、EYマイレージ自身も、徐々に改悪を行っています。

Screenshotエティハド航空(EY)のマイレージプログラム改悪

エティハド航空(EY)のマイレージプログラム改悪

マイレージの有効期限も2年と短めなので、EYを頻繁に利用しない限りは積極的に加算するのはやめておいた方が良さそうです。
 
同じ中東系航空会社のマイレージだったら、エミレーツ航空(EK)の方がいいかも?!
 
EKマイレージのお得な使い方を、無料のメールマガジンの中でお伝えしています。
 
そろそろ中東系航空会社が気になりだしたあなた、ぜひご登録ください 😉

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)