福岡空港(FUK)ANAラウンジ(国内線)のWifiスピードチェック

福岡空港(FUK)ANAラウンジ(国内線)のWifiスピードチェック

福岡出張の帰り、久しぶりに全日空(NH)に搭乗しました。
 
ラウンジに入り、いつもの通りWiFiのスピードチェックなどをしてきました。

Delayの洗礼

久しぶりのNH搭乗で、いきなりDelayのメールが。
 
さらにスケジュール変更のメールが数回届き、出発時刻がどんどん遅れていきます。
 
チェックインの際に、お詫びということで食事バウチャーをもらいました。

2017年10月現在、福岡空港は工事中のため、専用の保安検査ゲートも、なんだかプレハブみたいなところです。

ANAラウンジ概要

Delayがあった、いうこともあり、空港は混んでいました。

全く席が空いておらず、やむを得ずオブジェの隣に腰掛けることに。

ラウンジの中は、こんな感じです。

ANAラウンジの内装は日本全国統一されていて、黒が基調となってかっこいいですね。
 
国内線のラウンジなので、やっぱり食べ物はありません。
 
ラウンジの中の様子を撮影してきました。

国内線の発着数を考えると、ラウンジがちょっと狭く感じました。
 
もう少し大きくてもいいのかな、とも思いますが、空港の工事が終わる頃にはもう少しラウンジが大きくなっているんでしょうか?

接続方法

anaというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

パスワードは、不要です。
 
選択後、ブラウザを開くと初めての場合はお客様登録としてメールアドレスの入力が必要となるので、入力後確認ボタンをクリックします。
 
その後は以下のような画面が出て来ると思うので、’Enter’をクリックしましょう。
NH_wifi_lounge
性別・年齢を選択して、’Sign in’をクリックします。
nh_wifi_signin

通信速度計測結果


上り 1.48Mbps
下り 7.37Mbps
 
FUKのANAラウンジは、下りの方が早い結果となりました。
 
通信自体は、スムーズ。
 
人が多くいたものの、問題なくインターネットを使うことができました。

まとめ

結局、遅れに遅れて出発は当初予定の1時間20分後。

その間ずっとラウンジで時間を気にすることなく仕事をしていたのですが、時間つぶしをしなければいけなかった方もいたでしょう。
 
ちなみに、食事バウチャーでは鶏うどんと九州冷やしうどんを食べてみました。
 
福岡のうどんは、”腰抜け”なのが特徴らしいですね!
 
どちらもおいしくいただきました 🙂
 
そして、NH搭乗時のゲートのサウンドも撮ってきました 😀

SFC修行解脱後は、国内線はほぼ日本航空(JL)に搭乗していたんですが、今回NHに搭乗してある種の違和感を感じました。
 
SFC修行でNHに多数搭乗していた後にJLに乗り始めた時と同じ感覚です。
 
どちらが良くてどちらがダメ、ということはないのですが、JLの場合はBAシルバー会員であっても名前を呼んでくれる客室乗務員の方がいます。
 
NHでは、そのようなことはまだ経験がありません。
 
ワンワールドとスターアライアンス両方の上級会員になると、それぞれの会社のサービスの違いも比較できて、面白いですね。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)