ヒルトンの新しいポイントシステム

ヒルトンの新しいポイントシステム

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ヒルトンのポイントプログラムが一新されました。
 
個人的には結構使いやすくなったのではないかと思いますが、従来のポイントシステムから変更となった部分を紹介します。

Points & Money Rewards

宿泊代の一部をポイントで支払うことができるようになります。
 
ポイントとキャッシュの支払い比率を、ユーザーがスライダーで調整できるようになります。
 
宿泊ポイントは最少5,000ポイントからで、スライダーは1,000ポイント単位で調整可能です。
 
また、オフシーズンは従来の必要ポイントより少ないポイントで宿泊できるようになります。
 
例えば、今まで最低40,000ポイント必要だったヒルトン名古屋の無料宿泊ですが、オフシーズンの場合は23,000ポイントで宿泊できるようになります。
 
これは、改善といっていいと思います。

ポイントを最大11人でシェア可能

家族や友人の間で、1つのアカウントにポイントを「プール」させ、11人の中で自由に使うことができます。
 
一人年間最大500,000ポイントをプールアカウントに移行することができ、最大2,000,000ポイント、プールアカウントから受け取ることができます。

Amazon.comでポイントが利用可能に

日本のアマゾンではありませんが、Amazon.comでヒルトンのポイントが利用可能となります。
 
今のところ1ポイントいくらとして使えるのかは不明ですが、物販ビジネスをされている方には朗報なのかも。

‘H’が抜けた!

また、ポイントプログラムの名前も

Hilton HHonors
 
から
 
Hilton Honors
 
となりました。
 
「なぜ’H’が2つあるのか」
 
「なんと発音するのか」
 
という問い合わせがあったんでしょうか^^;
 
個人的には、綴りが’Honours’でないのが気になりますが。まぁアメリカ系のホテルだから目をつぶってやりましょう。

まとめ

今回の変更は、全体的に「改善」といっていいのではないかと思います。
 
特に、オフシーズンに無料宿泊するための必要ポイント数が少なくなったことで、宿泊しやすくなったのではないかなと思っています。
 
オフシーズンが、年間でどれだけ設定されているかは不明ですが・・・。
 
これからも、ヒルトンでポイント購入セールなどがあった時は要注目ですね。

Screenshotヒルトンのポイントボーナスセール

ヒルトンのポイントボーナスセール

Screenshotヒルトンのポイントをより安く購入する方法

ヒルトンのポイントをより安く購入する方法

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)