ブラジルのCPF番号を取得する

ブラジルのCPF番号を取得する

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
とある重要なマイレージ案件のため、ブラジルのCPF番号を取得する必要が出てきました。
 
このCPF番号、日本では全く馴染みがないと思うので、これから取得する必要がある方のために取得方法をシェアします。

CPFとは

CPFとはブラジルの納税者番号のことで、この番号はブラジル現地でのモノの購入、それこそSIMカード一つアクティベーションするためにも必要な番号です。
 
自分が購入しようとしているマイレージも、この番号が必要なんですね。
 
ということなので、五反田にあるブラジル総領事館に行き取得してきました。
 
ブラジルの税務署が発行する個人番号のため、一人につき一回のみ発行されます。
 
日本にある総領事館で取得する場合には費用は無料です。
 
領事館は、東京・名古屋・浜松にあります。
 
窓口の順番を待つ必要はあるものの、窓口にさえ到達できればおよそ5分で番号は発行されます。
 
事前に申請書をオンラインで記入し、PDFを印刷する必要があります。

申請方法

以下のページから申請を行います。
http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/cpf.xml
cpf_enter
プルダウンから、’Japan’を選択します。
 
入力用紙の申請方法も上記ページにあるので、そのページを参考に入力をしていきます。
cpf_fillin
 
submitボタンをクリックすると最後にPDFが表示されるので、これを印刷します。サイン箇所が一ヶ所ありますのでここにサインします。
 
この日付から15日間以内に領事館に行く必要があります。
 
印刷した容姿とパスポートを持って、領事館へ行きましょう。

領事館で

東京の領事館は、五反田駅の目の前のビルにあります。
brazil_consultate_building
この建物にはペルーの領事館もあって、南米系の食べ物を販売しているスーパーもあります。
 
領事館へ入り、受付の人に
 
CPF番号を取得したいのですが。
 
と言えば、それに対応した受付の番号札を渡してくれます。
 
呼ばれるのを待ち、事前に印刷しておいた申請用紙とパスポートを渡します。
 
しばらくすると、係の人が紙切れを1枚渡してくれます。
 
その紙の中に’Número’と書いてある番号があります。それが、CPF番号です。
 
これで晴れて、ブラジルで買い物ができるようになりました!
 
この印刷された紙を常に持っている必要はないので、番号を控えてオンラインやスマートフォン・携帯電話にメモをしておき、常に参照できるようにしておけば大丈夫です。
 
待ち時間はその日によると思いますが、この日は15分程で全ての手続きが完了しました。あっという間。簡単ですね。

注意点

この申請用紙の印刷ですが、Safariだと上手くいかないようです。
 
submitボタンをクリックしても、印刷画面が現れませんでした。
 
なので、ChromeかFirefoxを使いましょう。
 
また、パスポートは忘れないように気をつけましょう。
 
免許証ではダメのようです。
 
あと、閉館日には気をつけましょう。
 
せっかく休みを取って総領事館に来てもお休みでした、とならないように・・・。
 
閉館日はこちら
http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/.rrr.xml

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)