座席をアップグレードしてもらうための5つのルール

座席をアップグレードしてもらうための5つのルール

日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
あなたは、エコノミークラスを予約した際に無料でビジネスクラスへアップグレードされた、という経験はありますか?
 
旅行業界用語的には、
 
インボランタリー・アップグレード (involuntary upgrade)
 
と言います。
 
自分はビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードが一度だけあるのですが、どうやらそのチャンスを拡大するコツがあるようです。
 
そのコツを紹介している記事を見つけたので、シェアします。
 
フランスでのお話の部分もありますが、参考になる部分は大いにあると思います。

原文(フランス語)

Voyager en classe éco, plié en quatre, les genoux dans le menton n’est pas forcément une fatalité. Certains parviennent à se faire surclasser sans frais en Première ou en classe Affaires. Voici les astuces pour multiplier vos chances.

A chaque fois que votre meilleur ami Gérard revient d’un voyage au bout du monde, il vous annonce avec fierté n’avoir pas voyagé en classe économique -comme c’était prévu- mais en classe Affaires (“open bar champagne” ajoute-t-il systématiquement pour vous faire enrager.) Il a, une fois de plus, été surclassé au moment de l’enregistrement à l’aéroport. Comment fait-il ? Pourquoi toujours lui et pas vous ? Quelques astuces pour forcer le destin avec les conseils de David Gégot, Directeur Général France d’Air Canada.

(必死になって体を折り曲げ、顎を膝にくっつけなければいけないエコノミークラスは、もしかしたら避けられるかもしれない。中には、ファーストクラス、またはビジネスクラスへアップグレードしてもらった人もいる。チャンスを広げるためのトリックをお伝えしよう。)

(親友のGérardが世界の反対側から戻ってくるとき、自慢げに「エコノミーじゃなくて(当たり前であったかのように)ビジネスクラスに乗った」と言ってくる(更に「オープンバーでシャンパンを飲んだ」と、苛立つことを機械的に言ってくる)。彼はもう一度、空港でチェックインをしたときにビジネスクラスへアップグレードされたのだ。彼は何をしたのだろう?あなたではなくて、なぜいつも彼なんだ?アップグレードを強制的に運命づけるコツを、エアカナダのフランス統括部長David Gégotが解き明かしてくれる。)
 
 
Règle numéro 1 : seul, vous voyagerez
Ou à deux. Maximum. Votre ami Gérard a pour atout principal de ne pas avoir d’enfants et de voyager seul. Si une place se libère en Première ou en classe Affaires, pas de doute ce sera plus facile de lui trouver un siège. Par ailleurs, certaines compagnies aériennes tiennent à la sérénité de leur classe Affaires et évitent d’y installer de trop jeunes enfants.

Vous voyagez en famille et rêvez d’être surclassé malgré tout ? Tout n’est pas perdu. Air Canada par exemple propose ponctuellement, à l’occasion de promotions spéciales, un surclassement en classe Affaires moyennant un supplément. “Celui-ci est proposé au moment de l’enregistrement” précise David Gégot. “Si une famille souhaite en bénéficier, il n’y a pas de problèmes.”

Règle numéro 2 : pendant les vacances scolaires, vous partirez

Ce conseil va à l’encontre du précédent… Certes. Et pourtant, c’est durant ces périodes de l’année où le taux de remplissage des avions est élevé que vous avez le plus de chance d’être surclassé. Noël, les vacances de février ou d’été… sont les bons moments pour tenter votre chance.

Règle numéro 3 : à la fin de l’enregistrement, vous arriverez

Chez Air Canada, “la décision du surclassement est prise au moment de la fermeture du vol, soit une heure avant le départ.” C’est donc à la fin de l’enregistrement, quand la plupart des passagers sont déjà placés dans l’avion que vous avez le plus de chance d’être déplacé vers une autre classe.

Règle numéro 4 : à un programme de fidélité, vous adhérerez

Evidemment, les compagnies aériennes surclassent en priorité leurs clients les plus fidèles. Vous voyagez régulièrement sur Air France, vous avez tout intérêt à prendre votre carte Flying Blue pour y cumuler des “miles”. David Gégot d’Air Canada explique : “La sélection des passagers pour le surclassement dépend de leur statut dans le programme de fidélisation de la compagnie (Aeroplan en l’occurrence). Plus le passagers a un statut élevé dans le programme et plus il a de miles cumulés, plus il sera prioritaire.”

Règle numéro 5 : le coup de bluff, vous tenterez ?

Vous êtes un couple et partez en lune de miel ? Vous êtes enceinte ou vous avez des problèmes de santé (mal de dos, jambe dans le plâtre…) Et vous souhaitez “tenter le coup” et demander un surclassement ? C’est possible. Dans ce cas arrivez tôt (alors que les sièges en Première et en classe Affaires ne sont pas encore attribués), soyez propre sur vous, et surtout restez courtois et poli avec le personnel navigant.

ルールその1 : 1人で旅をせよ

(もしくは、最大でも2人まで。親友のGérardは、子供を持たず一人で旅をする、という最大の切り札を持っている。もしファーストクラスかビジネスクラスに空きがあった場合、席を探してあげるのが簡単であることは間違いない。更に、航空会社によってはビジネスクラスの「静かさ」を維持しようと、子どもの受け入れを避けているところもある。)

(それでも家族でアップグレードされる夢を見ていますか?可能性はゼロではない。例えばエアカナダ(AC)はときどき、特別セールとして追加料金で(家族での)アップグレードを行っている。「このセールは、チェックインの時に行われている。」とDavid Gégotは述べている。「家族がその恩恵にあずかろうとしても、問題はない。」)

ルールその2 : 出発日は学校の長期休暇の時にせよ

(このアドバイスは、ルール1に反するものだが・・・しかし、この長期休暇の時期は一年の中で飛行機の搭乗率が上がる時期で、またアップグレードされるチャンスが最も大きくなる時期でもあるのだ。クリスマス、冬休みや夏休みはあなたがツイているかどうかを試すもっともいい時期なのである。)
※搭乗率が上がれば、ダブルブッキングの可能性が増え、結果としてビジネスやファーストへアップグレードされやすい、ということですね

ルールその3 : チェックインの締め切り時間ギリギリにチェックインせよ

(エアカナダ(AC)では、「搭乗手続きを閉める際、あるいは出発の1時間前にアップグレードを行う/行わないが決定される」。ほとんどの旅客が既に搭乗手続きを済ませ、機内へ移動した時が、他のクラスへ案内されるチャンスが一番高い時なのだ。)

ルールその4 : マイレージプログラムへ参加せよ

(言うまでもなく、アップグレードは最も航空会社に対して忠誠心の高い(= 頻繁に利用している)客から優先して行われる。あなたがエールフランス(AF)をよく利用していて、Flying Blueのマイルを貯めるのに非常に躍起になっている。エアカナダ(AC)のDavid Gégotは「アップグレードを行うべき乗客の選定は、マイレージプログラムのステータスによります(ACの場合はAeroplan)」と述べている。よりステータスが高ければ高い乗客、より貯めたマイレージの多い乗客は、優先的にアップグレードされるでしょう。)

ルールその5 : ハッタリをかます?

(ハネムーンに出かけるところですか?妊娠中だったり、健康上の問題があったりしますか?(背中が悪い、膝にヒビが入っているなど) そんな時、アップグレードに「挑戦」してみたいですか?可能です。早い時間(つまり、ファーストやビジネスの席がまだ埋まっていない時)に空港へ行き、小ぎれいにし、受け付けの人にも礼儀正しくしましょう。)

PARの実体験談

いかがですか?
 
自分の場合は家族がいるので、なかなか無償アップグレードの恩恵に与る機会は少ないかもしれませんが・・・それでも、1人で旅をしたときに1回経験できたので、その時の様子を実体験と共に記事にしました。

Screenshot実録・ファーストクラスアップグレード(CA938)

実録・ファーストクラスアップグレード(CA938)

上記ルールに結構当てはまっている部分もあるので、このルールは嘘ではないと思います 🙂

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)