機内で最もよい座席を選ぶ6つの方法

機内で最もよい座席を選ぶ6つの方法

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
あなたは、飛行機の座席指定はしますか?
 
通路側?窓側?
 
その際、その座席がどのような状態なのか、確認できることをご存知でしたか?
 
今日紹介する記事は、より良い座席を取得するための方法について述べられているものです。
 
6 Astuces Pour Choisir LE Meilleur Siège Dans L’Avion.
(機内で最もよい座席を選ぶ6つの方法)
 
これを読めば、機内での時間がより快適になるかもしれません。
 
いつもビジネスクラスに乗る人にはあまり関係ないかな^^;
 
6 Astuces Pour Choisir LE Meilleur Siège Dans L’Avion.
(機内で最もよい座席を選ぶ6つの方法)

Que diriez-vous de choisir Le Meilleur Siège de l’avion ? Cela pourrait être très utile pour votre prochain voyage. Facile à dire ? Eh bien, plus maintenant ! Suivez ces conseils astucieux et trouvez LA bonne place pour réserver votre billet d’avion !

Les 6 astuces en détail

1. Vous devez ranger un sac ? Choisissez votre place à l’arrière. Les espaces de rangement ont tendance à être remplis en premier à l’avant de l’avion.

2. Vous partez avec votre bébé ? Préférez les sièges situés derrière les cloisons. Il offrent un peu plus de place.

3. Vous êtes cinéphiles ? Ne réservez pas une place du milieu. Ces sièges n’offrent pas une bonne vue sur les écrans.

4. Vous avez envie d’un peu plus de place pour vos jambes ? Optez pour une place derrière une cloison, qui n’a pas de siège devant.

5. Plus vous allez vers l’arrière de l’avion, plus l’espace entre les sièges augmente.

6. Ne choisissez pas les sièges proches des allées car ils sont vulnérables aux chocs des chariots à boissons et repas.

Résultat

Et voilà, vous savez comment choisir votre siège dans l’avion 🙂 Pensez aussi à regarder la légende pour choisir un siège loin des toilettes, silencieux, éloigné des cuisines, idéal pour dormir, avec une vue dégagée, sans risque d’avoir froid ou encore offrant la meilleure chance de survie en cas de problème ! Il ne me reste plus qu’à vous souhaiter bon vol !


(機内で最もよい座席の選ぶ方法、ご存知ですか?このワザは、あなたの次の旅行で役に立つかもしれません。「言うのは簡単だ」って?これからは、もっと簡単になります!これから紹介するアドバイスを参考にして、航空券を予約する際より良い座席を獲得してください!)

6つの方法詳細

(1. 手荷物をしまわないといけませんか?その場合は、後部の座席を選びましょう。手荷物を入れる場所は、前方の座席からまず埋まっていきます。)

(2. 幼児と一緒に旅に出ますか?その場合は、バルクヘッドの後ろにある座席を選びましょう。少し、足元が広くなっています)
※バルクヘッド : 客室間の仕切りになっている大型スクリーンのある壁のことで、その壁の前の座席がバルクヘッドと呼ばれます

(3. 映画が大好きですか?その場合は、真ん中の座席は選ばないようにしましょう。この真ん中の席は、ディスプレイの状態がよくありません)

(4. 足元のスペースが必要ですか?その場合は、前方に座席のないバルクヘッドの後ろにある席を選びましょう。)
※この席は、乳児連れの方、身体がご不自由な方が優先的に案内されることが多く、航空会社によってはマイレージの上級会員を優先するところもあるようです。座れたらラッキーくらいに考えておいた方がいいかもしれません

(5. 座席が後方であればあるほど、座席間のスペースは広くなります。)

(6. 通路に近い席は選ばないようにしましょう。食事や飲み物を運ぶワゴンがぶつかった場合に、衝撃があります。)
※自分は好んで通路側を選びます。トイレに行く際に、他人を跨いで通路に出るのがとてもイヤなので・・・

結論

(これで、どの席を選べばいいかわかりましたね:-) 添付の画像も見て、トイレから遠い席、静かな席、機内食の匂いを避ける席、眠るのに最適な席、開かれた席、空調などで寒くならない席、何か事故が起こった時に生存できる可能性のより高くなる席の選択の参考にしてください!あなたの旅行がより良いものになることを願っています!)
 
 

PAR的座席の選び方

座席を予約する際、その席がどんな状態か気になりますよね。
 
なので自分は、座席指定をする際にseatguruというサイトを利用して、座席をチェックしています。
 
https://www.seatguru.com/
 
搭乗する日と便名を入れると、その日に使用される機材のマップが表示されます。
 
そして、各シートの説明が(英語ですが)あります。
 
緑が良い席、赤が良くない席になっています。
 
緑の席が取れればいいのですが、こういう席は大体、有料座席になっていて、旅行会社の予約サイトで航空券の予約をする時には選択することができません。
 
また、旅行会社の予約サイトでも座席指定ができないことはないのですが、リクエスト扱いになってしまうこともあり、本当に自分が座りたい席には座れないこともあります。

 
なので、有料座席でもいいからよい席を取りたい、ピンポイントで座席を指定したい、という時は、航空会社のウェブサイトで直接予約をしましょう。
 

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)