アメリカ国内を5,000マイルで2都市旅する方法

アメリカ国内を5,000マイルで2都市旅する方法

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
自分はアメリカへ行ったことがありませんが、いい情報があったのでシェアします。
 
アメリカ国内2都市を、5,000マイルで旅できる方法があるんです。
 
1都市あたり、たった2,500マイル
 
なかなか衝撃的ですね!

その航空会社はもちろん・・・

こんなに少ないマイレージでアメリカを2都市旅させてくれる航空会社は、あそこをおいて他にはありません。
 
そう、アラスカ航空(AS)です。
 
以前、アラスカ航空(AS)とヴァージン・アメリカ(VX)が合併し、VXのポイントを1 : 1.3の割合でASのマイレージに交換できる、というお話をしました。

Screenshotアラスカ航空(AS)とヴァージン・アメリカ(VX)の合併に伴う改善とデルタ航空(DL)との提携解消

アラスカ航空(AS)とヴァージン・アメリカ(VX)の合併に伴う改善とデルタ航空(DL)との提携解消

この合併があった後に発表された際に、アメリカ国内の必要マイレージ数が片道7,500マイルから5,000マイルに引き下げられました。
(距離が700マイル以下の場合)
 
他の米系航空会社でアメリカ国内の特典航空券を予約しようと思ったら、少なくとも片道10,000マイル必要です。
 
さらにASの凄いところは、
 
同じ航空会社であれば、片道であってもストップオーバー(1都市に24時間以上滞在すること)が無料でできる
 
というところです。
 
こんなことを許してくれる航空会社は、他に聞いたことがありません。

空き状況を見てみる

700マイル以内に収まるところで、シアトル(SEA) – ポートランド(PDX) – サンフランシスコ(SFO)という旅程例で検索をしてみます。
sea-pdx-sfo
ASはシアトルの会社なので、アメリカ西海岸に強みを持っています。
 
検索してみると、ASフライトでわんさか結果が出てきました。
as_sea-pdx-sfo
往復でも、10,000マイルです。
 
ASマイルを利用すると、日本からSFOまでは25,000マイルで行くことができます(往復50,000マイル)。
 
合計60,000マイルで、アメリカ3都市を回ることができるんですね。

ASといえばANC

ちなみに、自分がアメリカで唯一気になっているアンカレッジ(ANC)にも、日本から片道25,000マイル(ファーストクラスで50,000マイル!)で行くことができます。
hnd-lax-anc
as_tyo-anc

まとめ

ASが運航している都市で、アメリカ国内で700マイル以内で行ける場所は探せばまだまだあると思います。
 
自分はアメリカに行きたいとはまだ思えないので優先度が低いですが、どうしても旅がしたいけどほとんど行き尽くした!となった時までに、ASのマイレージをコツコツ貯めてアンカレッジ(ANC)を訪れてみたいと思います。

Screenshotアラスカ航空(AS)のマイレージをより安く購入する方法

アラスカ航空(AS)のマイレージをより安く購入する方法

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)