ジェットエアウェイズ(9W)のマイレージをお得に使おう

ジェットエアウェイズ(9W)のマイレージをお得に使おう

インド第二の航空会社、ジェットエアウェイズ(9W)。
 
日本では、全日空(NH)と共同運航便を就航しているにとどまっていますが、9Wは様々な航空会社とマイレージの提携を行っています。
※NHフライトで9Wマイレージが貯まる路線は、以下をご参照
https://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/flightmile/tk/9w.html
 
基本的にはあまり使い勝手がよくないのですが、1つか2つくらいあるだろう!ということで調べた結果を紹介します。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

9Wの提携航空会社

9Wはスターアライアンスメンバーとの提携を一気に解消し、デルタ航空(DL)をはじめとするスカイチームメンバーの航空会社と急激に連携を強めています。

Screenshotジェットエアウェイズ(9W)、一気に5社との提携解消を発表

ジェットエアウェイズ(9W)、一気に5社との提携解消を発表

スターアライアンスメンバーとの提携解消後の提携航空会社は、

  • エティハドパートナーズの各航空会社 :
  • エティハド航空(EY)
    ・エア・セルビア(JU)
    ・セーシェル航空(HM)
    ・アリタリア航空(AZ)
    ・エティハド・リージョナル(F7)

  • エールフランス航空(AF)
  • ニュージーランド航空(NZ)
  • 全日空(NH)
  • バンコクエアウェイズ(PG)
  • キャセイパシフィック航空(CX)
  • キャセイドラゴン航空(KA)
  • デルタ航空(DL)
  • エミレーツ航空(EK)
  • ガルーダ・インドネシア航空(GA)
  • ガルフ・エア(GF)
  • ケニア航空(KQ)
  • KLMオランダ航空(KL)
  • 大韓航空(KE)
  • マレーシア航空(MH)
  • カンタス航空(QF)
  • 南アフリカ航空(SA)
  • ベトナム航空(VN)
  • ヴァージン・アトランティック航空(VS)
  •  
    です。

    どのくらいマイレージが獲得できるのか?

    成田(NRT) – ムンバイ(BOM)の距離は、4,200マイルくらい。
     
    ブッキングクラス「K」でNRT – BOMを予約すると往復でJPY90,000くらいなのですが、9Wマイレージへ加算すると加算率が100%なので、往復で8,400マイルくらい獲得できます。
     
    ちなみに、デルタ航空(DL)マイレージは加算率75%、全日空(NH)、Flying Blueに至っては0%です^^;

    フライト以外での貯め方

    9Wマイレージは、フライト以外でも貯めることができます。
     
    本ブログ読者のみなさまにはおなじみのSPGアメックスカードで、スターウッドポイントを9Wマイレージに交換することが可能で、その他にも
     
    Kaligo
     
    Rocketmiles
     
    PointsHound
     
    といったホテル予約サイトでもマイレージを獲得することができます。
     
    例えばKaligoだと、JPY10,000の宿泊代で800マイル獲得できます。

    お得に使える路線

    9Wマイレージの、お得に使える路線を紹介します。
     
    9Wも、都市がいくつかのゾーンに分けられています。
     
    ちなみに、日本は「Z02」です。

    DLフライトでのロサンゼルス(LAX) – メキシコシティ(MEX)

    ロサンゼルス(LAX)とメキシコシティ(MEX)は、同じ「Z11」の中にある都市です。
     
    同じZ11の範囲内であれば、エコノミークラス片道15,000マイル / ビジネスクラス片道30,000マイルです。
     
    同じ路線をデルタ航空(DL)で予約しようとすると、エコノミークラス片道17,500マイル / ビジネスクラス片道35,000マイル必要です。
     
    更になんと、あのアラスカ航空(AS)でさえエコノミークラス片道17,500マイル / ビジネスクラス片道40,000マイル必要なんですから、いかにお得かがわかりますね 🙂

    9Wフライトでのインド国内

    9Wでインド国内を移動する場合は、片道5,000マイルからとなっています。
     
    距離に応じて、5,000 – 15,500マイルと幅があります。
     
    この必要マイレージ数は、許容範囲と言えるでしょう。

    EKフライトでのGIG – EZEファーストクラス

    エミレーツ航空(EK)の以遠権フライトを利用して、リオデジャネイロ(GIG) – ブエノスアイレス(EZE)間のファーストクラスに、比較的お得に搭乗することができます。
     
    片道72,000マイルです。
     
    同区間を普通に購入しようと思ったら、片道JPY250,000くらい。
     
    評判の良いEKファーストクラスをこのくらいのマイレージ数で味わえるなら、なかなか悪くはないのではないでしょうか。

    Screenshotエミレーツ航空(EK)の以遠権フライト#2

    エミレーツ航空(EK)の以遠権フライト#2

    まとめ

    9Wマイレージは、獲得できるマイレージが比較的多い分、必要マイレージ数も多めなのかな、という印象です。
     
    なので、積極的に9Wマイレージを獲得する理由は乏しいかなと思います。
     
    日本 – インドの間を頻繁に往復し、かつインド国内もかなり移動する場合とか、ロサンゼルスとメキシコの間を頻繁に移動するとか、かなり限定的な利用用途に適合する方が持つべきマイレージプログラムなのかと。
     
    9W提携航空会社の特典航空券の利用は、申込用紙のPDFをダウンロードして印刷し、予約したいフライトを手書きをしたうえでスキャンし、
     
    jpredemptions@jetprivilege.com
     
    へ送付する必要があります。
     
    なんとも面倒な(20世紀的な)方法です^^;
     
    なかなか予約ができないNZフライトでの日本 – ニュージーランド線が余裕で予約出来るなら、獲得する価値があるかも?!

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)