大韓航空(KE)のマイレージをお得に使おう

大韓航空(KE)のマイレージをお得に使おう

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
大韓航空(KE)のマイレージを貯めている方はハワイが好きな方かなと思います。
 
なぜなら、KEのマイレージはアメリカ・特にハワイにお得に行けるからです 🙂
 
アメリカ方面が中心になってしまいますが、KEマイレージのお得な使い方を紹介します。

KEフライトでの日本/韓国 – 北米ファーストクラス

KEのファーストクラスはなかなか評判がよいそうですが、北米までのファーストクラス必要マイレージ数がオフピークだと片道80,000マイルです。
 
ビジネスクラスでも、オフピークで片道62,500マイルです。
 
日本発の場合は仁川(ICN)乗換になりますが、それでもまあまあの数字でしょうかね。
 
「北米」の中には、
 
・トロント(YYZ)
・バンクーバー(YVR)
・アトランタ(ATL)
・シカゴ(ORD)
・ダラス(DFW)
・ホノルル(HNL)
・ヒューストン(IAH)
・ラスベガス(LAS)
・ロサンゼルス(LAX)
・サンフランシスコ(SFO)
・シアトル(SEA)
・ニューヨーク(JFK)
・ワシントンDC(IAD)
 
が含まれます。

HAフライトでの日本 – HNLファーストクラス

KEはハワイアン航空(HA)と独自に提携を行っていて、もちろん日本発のフライトでも特典航空券を予約できます。
 
日本からホノルル(HNL)までの必要マイレージ数は、エコノミークラス往復で70,000マイル、ビジネスクラス往復で140,000マイルです。
 
ただ、さすがに人気路線なので予約は難しいようです^^;

ICNへ無料でストップオーバー可能

提携航空会社は往復の予約をする必要がありますが、KEフライトの場合は片道でも仁川(ICN)でのストップオーバーが無料でできます。
 
ICN乗換でどこかへ行く際、ソウルに最大1年間滞在することができます。
 
これは、なかなか面白い使い方ができそうですね。
 
8月に日本発ヨーロッパ行の特典航空券を予約し、ゴールデンウィークにソウルでストップオーバーという旅程にすれば、ゴールデンウィークの帰り便と8月のソウル行の便を別途予約すれば2回の旅でソウルとヨーロッパを楽しむことも可能です。

KEフライトでの北米 – オーストラリア

ICN乗換(ストップオーバー可)になりますが、オフピークのファーストクラス片道が120,000マイル、ビジネスクラスが97,500マイル、エコノミークラスは55,000マイルです。
 
例えば、JFK – ICN – SYDというかなり長距離(12,070マイル!)の旅程でも、エコノミークラスなら片道55,000マイルで済んじゃいます。

北米 – オーストラリア間の特典航空券はかなり人気の路線なのですが、KEフライトなら比較的空席があるようです。

DLフライトでの北米 – プエルトリコ/ハワイ

同じスカイチームメンバーのデルタ航空(DL)のフライトで、プエルトリコ(SJU)やハワイ(HNL)へエコノミー往復25,000マイルで行くことができます。
 
米系航空会社の必要マイレージ数に比べて、5,000 – 10,000マイル程少ない数字になっています。

スカイチームメンバーのフライトでの北米 – ヨーロッパ

スカイチームメンバーのフライトで、ビジネスクラス往復80,000マイルで北米 – ヨーロッパをフライトできます。
 
同じスカイチームメンバーのDLは燃油サーチャージはかかりませんが、同じ路線でビジネスクラス往復125,000マイルです。
 
燃油サーチャージが安ければ、KEの方がお得ですね。

ARフライトでの北米 – アルゼンチン・パタゴニア

スカイチームメンバーのアルゼンチン航空(AR)を利用して、パタゴニアへ行くこともできます。
 
ちなみに、パタゴニア、というのは南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称で、アルゼンチンとチリの両国に跨っています。
 
アメリカからは、エコノミー往復50,000マイル、ビジネス往復110,000マイルです。
 
またKEのマイレージはストップオーバーが1回無料でできるので、途中でブエノスアイレス(EZE)に滞在してもよいでしょう。
 
ニューヨークからパタゴニアの空港の一つ、エルカラファテまでは約6,500マイル。

日本/韓国からJFKまでは往復で70,000マイルなので、合計120,000マイルで南米まで行ける感じですね。

EYフライトでの日本 – AUH/XNBファーストクラス

KEはエティハド航空(EY)とも独自に提携を行っています。
 
KEマイレージを利用して、アブダビやドバイへ行くことができます。
 
憧れのEYファーストクラスの往復が、往復140,000マイルです。
 
AAマイレージにはかないませんが、なかなかの数字ではないかと思います。

まとめ

ここまでアメリカにベッタリなマイレージプログラムも珍しいですね^^;
 
KEマイレージで1点注意しなければいけないのは、提携航空会社のフライトの場合は必要マイレージ数は片道でも往復でも同じという点です。
 
片道だけでも予約できなくはないのですが、かなり無駄な使い方になってしまうので気を付けましょう。
 
繰り返しになりますが、KEマイレージはアメリカ方面、特にハワイへ行く方にはオススメのマイレージプログラムだと思います。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)