ポルトガルへ行くには

ポルトガルへ行くには

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
自分は今、とある航空会社を知るためにでポルトガル語を勉強していますが、ポルトガルってそもそもどんな国なんだろうと気になりました。
 
鉄砲とか、ザビエルとか、金平糖とか。
 
あまりにも知識がなさすぎるので調べたんですが、歴史的なことや経済的なことは他のすごい人たちの記事を参考にしていただくとして、自分は航空券・マイレージの観点からポルトガルを調べてみたいと思います。

リスボン(LIS) / ポルトガルの玄関

日本からリスボン(LIS)への直行便就航していないので、LISへ行くには
 
・ヨーロッパ各地からTAPポルトガル航空(TP)
・ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)/LHR乗り換え
・エールフランス(AF)/CDG乗り換え
エミレーツ航空(EK)/DXB乗り換え
イベリア航空(IB)/MAD乗り換え
KLMオランダ航空(KL)/AMS乗り換え
・ターキッシュエアラインズ(TK)/IST乗り換え
・ユナイテッド航空(UA)/EWR乗り換え
・ルフトハンザドイツ航空(LH)/FRA, MUC乗り換え
・スイスインターナショナルエアラインズ(LX)/ZRH乗り換え
 
くらいかなぁと思います。
 
ちなみに、1年の中で一番安くポルトガルへ行ける月は1月で、TKとかEKあたりでエコノミークラスならJPY100,000以下で行くことができるようです。

TPのマイレージプログラム

TPはスターアライアンスメンバーなので、スターアライアンスのフライトでマイレージプログラム「Victoria」のマイルを加算することができます。
 
また、独自に
 
エミレーツ航空(EK)
・GOL航空(G3)
・ウクライナ国際航空(PS)
 
あたりとマイレージの提携をしているので、これらの航空会社のフライトでも、マイルを加算することができます。
 
陸マイラー活動をするなら、

Rocketmilesでホテル予約
・The Economist定期購読
 
面白いところだと、三菱電機のエアコンを購入するとVictoriaのマイレージが貯まるそうです 🙂
https://www.flytap.com/pt-pt/victoria/parceiros/mitsubishi-electric

特典航空券を使ってポルトガルへ行くなら

貯めたマイレージを使ってポルトガルへ行くなら、

日本航空(JL)のマイレージで、BAフライト

・エコノミークラス : 55,000マイル(往復)
・ビジネスクラス : 85,000マイル(往復)

日本航空(JL)のマイレージで、EKフライト

・エコノミークラス : 60,000マイル(往復)
・ビジネスクラス : 100,000マイル(往復)

全日空(NH)のマイレージで、LH/LX/TP/TK/NHフライト

・エコノミークラス : 55,000マイル(往復・ローシーズン)
・ビジネスクラス : 90,000マイル(往復・ローシーズン)

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosで、BA/IBフライト

・エコノミークラス : 52,000マイル(往復・オフピーク)
・ビジネスクラス : 87,750マイル(往復・オフピーク)
 
という感じです。

まとめ

ポルトガルはヨーロッパの中では比較的物価が安く、制度的に外国人が起業しやすい場所でもあります。
 
また、ポルトガル語が話せれば、ブラジルの人たちともコミュニケーションをとることができます。
 
自分が勉強しているのはブラジル・ポルトガル語ではなくポルトガル・ポルトガル語なんですが、実際にポルトガルへ行ってアウトプットをしてみたいです。
 
ポルトガル語が話せるようになったら、
 
・入出国審査
・プリペイドSIMの購入
・ホテルのチェックイン/アウト
・買い物
 
などなど、全て英語を使わずポルトガル語でやってみたいと思います 🙂
 
リスボンの坂と路面電車を体験してみたいですね。
lisboa6_051204
LISへはエアリンガス(EI)も運航しているので、ダブリン(DUB)経由で行ってみたいなぁとも思います。
 
また、ポルトガルの時間はイギリスと同じGMT。
 
日本と9時間の時差があります。
 
隣のスペインは8時間なので、スペインとポルトガルの国境付近を歩いていたら1時間ずれちゃった、なんてこともあるかも。
 
この時差を利用して、1年のうちに1月1日を2回迎えることもできたりします 🙂

Screenshot1月1日を2回迎える方法

1月1日を2回迎える方法

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)