ハイアットが「最低価格保証」の規定を改悪

ハイアットが「最低価格保証」の規定を改悪

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ハイアット(Hyatt)が、公式サイトで予約をした時の宿泊料金が一番安いものであることを保証する「最低価格保証」についての規定を改悪することになりました。
(2017/7/31から)
 
ハイアット修行をしている自分にとっては見過ごせないニュースだったので、少し深掘りをしてみます。

改悪の背景

多くのホテルチェーンは、エクスペディアやhotels.com, Booking.comなどのオンラインホテル予約サイトに対して、成約1件につき10%、もしくはそれ以上のコミッションを支払っています。
 
ホテル側としてはもちろん、公式サイトで多くのユーザーが予約してくれればこんなコミッションを支払わなくてよいので、最近になって公式サイト上で”Members Only”というような価格を設け、公式サイトで直接予約をした方がお得になるような仕組みにしています。
 
ヒルトンマリオットスターウッドあたりがそうですね。
 
実は最近、ハイアットに宿泊する予定が急にできたのですが、ハイアットもまた、メンバーログインする前後で価格が異なっていました。
(ログイン後の方が8%くらいやすくなりました)

改悪概要

そして気になる改悪の内容ですが、
 
・2017年7月30日まで
-> 他の予約サイトよりで安い料金を見つけた場合は、そのサイトと同額の料金とし、更に20パーセント(20%)割引
 
※公式サイトより引用

ハイアットはインターネット上のより安い料金が予約可能であることを確認できた場合は、対象のハイアット ホテルに空室がある限り、より安い料金を適用し、予約期間中を通じてその料金をさらに20パーセント(20%)割引いたします。

・2017年7月31日以降
-> 他の予約サイトよりで安い料金を見つけた場合は、そのサイトと同額の料金とし、更に、将来の宿泊予約で利用できるUSD50分のバウチャーを提供
 
このバウチャーは、チェックアウトから4日以内に発行され、発行されてから1年間有効です。
 
ハイアット修行をしている自分としては問題ないかな?(むしろ自分にとっては改善?)とも思いますが、そこまで利用頻度が多くない宿泊客にとっては、次の宿泊に使えるバウチャーよりも今回の宿泊分を値引きしてほしいですよね。
 
ただ、連泊などをする場合には「20%」の価格がUSD50より高い可能性もない訳ではないので、今回の改悪で最大保証額がUSD50、とキャップをされてしまったのでそういう意味では改悪になるでしょう。
 
なお、最新の規定は以下のページで確認できます。
https://www.hyatt.com/hyatt/specials/offers/offer-details_hotels_20.jsp?offerId=40532551&language=ja

まとめ

今まで自分は最低価格保証を利用したことはありませんが、ホテル修行をするからには、今後は価格は常にチェックしていきたいと思います。
 
ただ、ハイアットのライフタイムグローバリストは100万ポイントを獲得する必要があるので、結局はお金を使わないといけないのですが・・・^^;

Screenshotハイアット ライフタイムグローバリストへの道#0(修行計画)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#0(修行計画)

念のため、FAQのリンクを共有しておきます。
https://help.hyatt.com/ja/faqs/best-rate-guarantee.html

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)