LATAMチリ航空(LA)の以遠権フライト

LATAMチリ航空(LA)の以遠権フライト

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
今日は、LATAMチリ航空(LA)の以遠権フライトについて、説明します。

LAはLATAMグループの一員

LAは、LAN航空(LA)とブラジルのTAM航空(JJ)が合併してLATAMグループになった航空会社です。
 
今は、
LATAM チリ
LATAM ブラジル
として運航しています。
 
どちらも、ワンワールドに加盟しています。
 
 
それでは早速、LAの以遠権フライトを見てみましょう。
 

SCL – LIM – LAX

SCL-LIM-LAX
LIM <-> LAX(4167 miles)
LA600/601
18OCT – 25OCT
C : JPY319,820 –
 

SCL – MAD – FRA

SCL-MAD-FRA
MAD <-> FRA(883 miles)
LA704/705
19OCT – 26OCT
C : JPY23,580 –
※この区間でこの値段は、お買い得だと思います!
 

SCL – AKL – SYD

SCL-AKL-SYD
AKL <-> SYD(1340 miles)
LA800/801
21SEP – 28SEP
C : JPY43,500 –
※来ましたお宝フライト!SYD – AKLであれば、日本人でも重宝しそうなフライトです。同じ旅程のQFの約半額です!

まとめ

やはり注目は、SYD – AKLですね。
 
ワンワールドなのでBAやJLのマイレージも貯めることができます。
 
ちなみにLAは、SCLからイースター島(IPC)へのフライトも運航しています。
 
IPCからフランス領ポリネシア(タヒチ島)のパペーテ(PPT)へのフライトも運航しているのですが、イースター島はチリの領土なので以遠権フライトにはあたりません。
 
フランス領ポリネシアあたりも気になりますね。ぜひ訪れてみたいところです。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)