LATAMチリ航空(LA)のマイレージプログラム変更(改悪?)

LATAMチリ航空(LA)のマイレージプログラム変更(改悪?)

日本ではあまり馴染みのないLATAMチリ航空(LA)。
 
南米の航空会社なのでしょうがないと思いますが、れっきとしたワンワールドメンバーです。
 
来年からLAのマイレージプログラムに変更があるということなので、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。

変更概要

LAのマイレージプログラムは今まで、キロメートル単位で「マイレージ」を獲得していたのですが、変更後はマイル単位でマイレージを獲得するようになります。
 
キロメートル単位で獲得・利用していたので、提携他社が特典航空券を利用する場合は相対的に必要マイレージ数が多くなっていたんですね。
 
1マイルは、1.6キロメートルです。
 
今回の変更で、獲得できるマイレージ数が 1 / 1.6、つまり5 / 8になります。
 
今まで1,600ポイント獲得できていた区間が、1,000ポイントになります。
 
変更は、2018/1/3からです。
 
スペイン語ですが、変更の概要は以下のページにあります。
 
https://www.latam.com/es_cl/latam-pass/millas-latam-pass/nuevas-millas-latam-pass/
 
ちなみに、同じLATAM航空グループのLATAMブラジル(JJ)は、別のマイレージプログラムを採用していて、今回の変更は影響を受けません。

まとめ

今まではキロメートル単位でポイントを獲得できていたので、どんなフライトでもLAマイレージに加算していたら、より多くの「マイレージ」を獲得できていました。
 
その分、必要マイレージ数が多かった訳ですが、今回の変更で獲得マイレージ数が相対的に少なくなり、必要マイレージ数がそのままなら、それは実質的な改悪です。
 
以前LATAM航空グループについてアラスカ航空(AS)との関係をちょっと説明をさせてもらいましたが、

Screenshotアラスカ航空(AS)とLATAM航空グループ

アラスカ航空(AS)とLATAM航空グループ

もし必要マイレージ数も5 / 8になるのであれば、その時は利用に値するか、改めて調べてみたいと思います。
 
何気にマイレージの有効期限は無期限なので、検討に値するかも?!

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)