スカイチームの航空会社ラウンジを使い倒したい!(ICN)

スカイチームの航空会社ラウンジを使い倒したい!(ICN)

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
韓国からの帰りは、人生初のビジネスクラスに搭乗しました。
 
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを使用して、日本航空(JL)のビジネスクラスに乗りました。
 
今度は、KEのお膝元、仁川(ICN)のKALラウンジです。
 
いつもの通り、Wifiのスピードチェックをしました。

KALラウンジ概要

KALラウンジは大韓航空(KE)及びスカイチームメンバーの上級会員が入ることができます。
 
ICNでJLに搭乗する際は空港内のスターライン(旅客ターミナルとコンコースAを繋ぐ無人電動車)に乗って、コンコースAへ移動する必要があります。
 
着いたら4階に上がります。
 
入り口は、こんな感じです。

入り口を入ってすぐのところに、KEの結構大きめの機材のモデルがあります。

息子はすっかり飛行機が大好きになっているので、触ろうとするのを止めるのに必死でした^^;
 
中は、こんな感じです。

飲み物や食べ物も、充実していました。


窓からは、スカイチームメンバーの機材を見ることができます。
 
ちょうど、エールフランス航空(AF)が移動していました。

また、座った席の目の前には、日本では見ることのできないエア・アスタナ(KC)が駐機していたのでついパチリ。

海外の空港では、日本に就航していない航空会社の機材を見ることができるので、それも旅の一つの楽しみです。

接続方法

KAL LoungeというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

パスワードは、不要です。
 
これで、接続完了です。
 
そのまま、インターネットブラウザを開いて利用可能です。

通信速度計測結果


上り 4.37Mbps
下り 12.21Mbps
 
下りは、10Mbpsを超えてきました。
 
さすが、ラウンジのWifi。
 
ラウンジには結構多くの人がいましたが、ストレスなく利用することができました。

まとめ

さすがにおひざ元のラウンジということで、NRTとは規模も設備も異なりました。

Screenshot成田空港(NRT)KALラウンジのWifiスピードチェック

成田空港(NRT)KALラウンジのWifiスピードチェック

 
今回搭乗したのは、JL954便。
 
フルフラットではありませんでしたが、あんなに背もたれが倒れるシートに乗ったのは初めてです。
 
搭乗記は、こちらをどうぞ。

ScreenshotBusiness Class Review : JL954(ICN – NRT)

Business Class Review : JL954(ICN – NRT)

これからもマイレージをしっかり貯めてビジネスクラスにもう一度乗ります。
 
今度は、長距離路線で! 🙂

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)