マレーシア航空(MH)のビジネスクラスアップグレードオークション

マレーシア航空(MH)のビジネスクラスアップグレードオークション

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

マレーシア航空(MH)は、エコノミークラスの座席を予約した後、エティハド航空(EY)やヴァージン・オーストラリア(VA)などと同様、ビジネスクラスへのアップグレードをオークション形式で入札できるということをご存知でしたか?

JGC修行でMHを使う機会がある方は多いかもしれないし、自分も今後のBA修行でもしかしたら使うかもしれないので、紹介しますね。

アップグレードの方法

MHのアップグレード入札は、

MHUpgrade

といい、出発日の48時間前まで入札可能です。

こちらのリンクから、予約番号と姓を入力してログインします。

そこで、自分が入札したい金額を入札します。

入札するだけであればお金はかからず、落札できた場合には出発の48時間前にMHから連絡が来ます。

この時点で、自分が入札した金額を支払うことになります。

アップグレードに関する条件

このアップグレードですが、利用するには以下のような制限があります。

ちょっと注意が必要ですね。

  • 幼児(INF)がいる場合、アップグレード入札不可
  • 座席指定はできない場合がある
  • アップグレードが成功した後のキャンセル返金不可

入札額にも「相場」がある

オークション形式ですから、できるだけ安い価格でビジネスクラスへのアップグレードを獲得したいですよね。

実は、方面によって落札金額にも「相場」があるようです。

例えば、

・KUL – BKK -> USD65

・KUL – ICN -> EUR120

という感じで。

これはあくまで「相場」なので、もちろん価格は前後します。

でも、KUL – BKKの間をUSD65でアップグレードできたら、かなりいい感じですよね。

修行がちょっと楽になりそうです。

MHでは更に、当日空きがあった場合には固定の価格でアップグレードをしてくれるようです。
※こちらはちょっと高いです

まとめ

アップグレードも、自分が提示した価格で入札することができたら、思わぬ安値でビジネスクラスに乗れるかもしれないですよね!

ただ、一つ気がかりなことがあります。

MHは現在、自社の予約システムとしてSabreを利用しています。

ただ、2017年中にアマデウスへシステムを移行することになっています。

Screenshotマレーシア航空(MH)・アマデウスへのシステム移行に伴う改悪

マレーシア航空(MH)・アマデウスへのシステム移行に伴う改悪

オークション形式でアップグレードを行っているEYやVA、ニュージーランド航空(NZ)は、いずれもSabreを採用している航空会社です。

アマデウスを採用している航空会社で、他にオークションシステムを採用している航空会社は
 
・モーリシャス航空(MK)
・アヴィアンカ航空(AV)
・オーストリア航空(OS)
・ブリュッセル航空(SN)
・チェコ航空(OK)
・ガルーダ・インドネシア航空(GA)
・アイスランド航空(FI)
KLMオランダ航空(KL)
LOTポーランド航空(LO)
・ルフトハンザドイツ航空(LH)
・マレーシア航空(MH)
・カンタス航空(QF)
・スリランカ航空(UL)
・TAPポルトガル航空(TP)
 
です。
 
個人的にはなかなかいい制度だなと思っているので、アマデウス移行後もぜひ、続けて欲しいですね。

ちなみに、EYのビジネスクラスアップグレードについては、自分のドバイ師匠であるOllieさんのブログに詳細があります。

ぜひご覧ください 🙂

Screenshotアップグレードオファーが来た!エティハド航空より快適な空の旅へのご招待

アップグレードオファーが来た!エティハド航空より快適な空の旅へのご招待

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)