中国東方航空(MU)の以遠権フライト

中国東方航空(MU)の以遠権フライト

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
今日は、中国東方航空(MU)の以遠権フライトを紹介します。

MU概要

MUは上海の2つの空港(浦東(PVG), 虹橋(SHA))をハブ空港とする中国の航空会社で、傘下に上海航空(FM)があります。
 
日本にも就航している都市が多くあります。大都市だけではなく、
 
旭川(AKJ)
新潟(KIJ)
富山(TOY)(FMが就航)
小松(KMQ)
静岡(FSZ)
岡山(OKJ)
松山(MYJ)
長崎(NGS)
鹿児島(KOJ)

といった所にも就航しています。

MUはJLと提携をしているので、JL機材での運行があります。MUのフライトで、JLのマイレージを貯めることもできます。
他にもワンワールド系で、QFやCXとも提携をしています。
 
 
MUの以遠権フライトは、1つのみです。

KMG – CMB – MLE

kmg-cmb-mle
CMB <-> MLE(483 miles)
MU713/714
C : JPY121,860 –
※MUの以遠権フライトは昆明(KMG)発です。ただ、同じ旅程でULが半額以下の料金なので、あまりお得とは言えません。
ちなみに、SHA – PVG間には、リニアが通っているそうですが、オススメはシャトルバスです

まとめ

MUは安いのですが、PVG経由ということで中国人と一緒に旅をしなければいけなくなるでしょう。
 
スカイチームのメンバーなので乗ってみたい気もしないでもないのですが、長い時間を中国人と共に過ごすのは、苦痛であろうことが容易に想像がつくので、二の足を踏んでおります^^;
更に、
 
遅れが多い
機内食がおいしくない
 
というネット上での書き込みを見ると、更に足が遠のいてしまいます・・・。安かろう悪かろうなんですね。
 
未だに、中国大陸はHKGを除いて乗り継ぎでも足を踏み入れたことがありません。典型的な、食わず嫌いです。
 

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)