台湾のプリペイドSIM「遠傳電信」スピードチェック

台湾のプリペイドSIM「遠傳電信」スピードチェック

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
台湾で購入したプリペイドSIM「遠傳電信」の接続・通信速度について説明します。

今回は空港で購入

シンガポール滞在時は街中で購入しましたが、今回の台湾は街中までバスで移動するのに1時間くらいかかるので移動中に色々調べておきたいと思い、空港で購入することにしました。

勧められたのは中華電信だったが・・・

ターミナル2で、プリペイドSIMを購入。
 
到着口から出て左へ歩いていくと、プリペイドSIMが売っています。
 
本当は、フェイスブックのお友達に勧めてもらった中華電信(Chunghwa Telecom)のプリペイドSIMを購入する予定でした。
chunghwa
しかしながらクレジットカードが使えないということで、その時現金は持っておらず止むを得ず諦めました。
 
で、隣にあった遠傳電信(Far EasTone)で聞いたら、クレジットカードOKとのことだったのでここで購入しました。
fareast
料金体系は、こんな感じです。
fareast_pricetable
容量上限は、なし。
 
シンプルでわかりやすい料金体系ですね。
 
滞在は3日間なので、パスポートを渡してTWD300(約JPY1,200)を購入しました。

接続方法もシンプル

購入後は、SIMカードを挿入するだけ。SIMカードを交換するためのピンも備え付けてあるので、交換します。
 
受付の人が開通のための作業をしてくれるので、端末を渡してアクティベート完了。
 
開通すると、中国語のSMSが届きます。
fareast_sms
なんと書いてあるかわかりませんが・・・とりあえず「服務」が’Service’ということが今回の旅でわかったので、サービスに関することが書いてあるんだろうと想像。

速度計測結果

12時台

ちゃんと、’4G’の文字が出ました。
 
まずは購入してすぐ、12時台の計測結果。
fareast_speed_12h
上り 3.23Mbps
下り 3.67Mbps
 
4Gにしてはちょっと遅い気もしますが、使っていてストレスは感じませんでした。

7時台

次は、朝の7時台。
fareast_speed_7h
上り 4.74Mbps
下り 9.48Mbps
 
下りの速度がいい感じですね。

21時台

夜21時頃にも計測してみました。
fareast_speed_21h
上り 2.82Mbps
下り 2.35Mbps
 
夜は遅いですね。

まとめ

滞在中、通信が3Gになることはほとんどなく、ほぼ常に4Gの状態でした。短期滞在で常に4Gでこの値段(約JPY1,200)なら、とてもいいと思います。(中華電信も同じ価格です)
 
また、容量制限がないので2人以上で旅行をする方は、1人だけプリペイドSIMを購入してもう一人はテザリングを利用して通信する、といった使い方も可能だと思います。
 
台湾は、日本と違って通信やWifiフレンドリーな場所ですね。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)