カタール航空(QR)とアコーホテルズの「業界をリードする」提携

カタール航空(QR)とアコーホテルズの「業界をリードする」提携

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
カタール航空(QR)とアコーホテルズがそれぞれのマイレージ / ポイントプログラムで提携を強化するというニュースを見ました。
 
QR曰く、「業界をリードする」提携だそうなのですが、果たしてどのような提携内容なのでしょうか。

ポイントの相互移行が可能に

QRのマイレージとアコーホテルズのポイントが相互に移行可能となります。
 
ポイントの移行比率ですが、QRマイレージ4,500マイルでアコーホテルズの1,000ポイントに交換可能、アコーホテルズの2,000ポイントで1,000マイルに交換可能です。
 
交換比率が異なるんですね。
 
アコーホテルズのポイントの方が、圧倒的に価値が高い状態になっています。

QRの9,000マイルをアコーホテルズの2,000ポイントに交換した後、もう一度QRに移行すると・・・なんと、1,000マイルになって戻ってきます!
 
アコーホテルズに移行した時に、8,000マイルが何処かに行ってしまうようです。

ステータスによるメリット・マッチは一切なし

SPGとデルタ航空(DL)のクロスリワーズや、マリオットとユナイテッド航空(UA)のステータスマッチといった特典は、一切ありません。
 
QRの上級会員であっても、アコーホテルズの宿泊には全く影響がありません。
 
なんということでしょう。
 
QRのツイッターには、’reciprocal benefits'(相互のベネフィット)がある、との記述があったのですが、ニュースを見る限り、ベネフィットは見当たりません。

まとめ

相互移行が可能になる、ということは、もうちょっとメリットがあって然るべきだと思うのですが、この提携には何もメリットを見出すことができません。
 
特にQRマイレージを貯めている人にとっては、かなり期待外れなニュースだったのではないかと想像します。
 
確かにこのポイント交換の比率は、「業界をリード」していますが・・・。
 
どちらのプログラムも、中々貯めにくいし使いづらいものです。
 
個人的には、QRに搭乗した場合には同じワンワールドメンバーであるBA/IBのAviosに加算してしまうし、アコーホテルズに宿泊したとしてもIBのマイレージへ即時移行する設定をしています。

Screenshotアコーホテルズ宿泊でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを効果的に貯める方法

アコーホテルズ宿泊でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを効果的に貯める方法

もう少し、メリットを出してもよかったのでは・・・と思ってしまいます。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)