香港へマイレージを使って旅をしよう(日本航空(JL)編)

香港へマイレージを使って旅をしよう(日本航空(JL)編)

あなたは、香港へ旅をする際にどの航空会社で、どのようにして行きますか?
 
キャセイパシフィック航空(CX)?
 
香港航空(HX)?
 
香港エクスプレス(UO)?
 
それとも、別の航空会社?
 
その中に、
 
マイレージを使う
 
という選択肢を入れてみませんか、という提案をしたいと思います。
 
でも、色々な航空会社の色々なマイレージがあって、どれがいいのかわからないかもしれません。
 
あなたが持っている航空会社のマイレージプログラムは、香港へ行くのにお得なものなのか?を、
 
・マイレージの貯めやすさ
 
・特典航空券の取りやすさ
 
という視点で、検証していきたいと思います。
 
前回全日空(NH)のマイレージの解説をしたので、

Screenshot香港へマイレージを使って旅をしよう(全日空(NH)編)

香港へマイレージを使って旅をしよう(全日空(NH)編)

今回は同じ日系航空会社である日本航空(JL)の解説をします。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

マイレージの貯めやすさ

 
評価 : ○
 
JLのマイレージも、NH同様貯めやすいです。
 
ただし、マイレージの有効期間に3年という期限があります。延長は、できません。
 
期限が切れそうなマイレージをeJALポイントに換えて、更に1年延ばす方法を取ったとしても、最大4年。
 
長そうで、短い期間です。
 
フライトで獲得できるマイレージはそこまで多くはありませんが、日本においては陸マイラー活動ができる環境が整っています。
 
むしろこちらで稼ぐ方が、とても効率的。
 
ハピタスやらMoppyルートやら色々ありますが、ここでは触れません。
 
詳しい方のブログをご参照ください。
 
オススメは、「JALマイルの鉄人」です。

ScreenshotJALマイルの鉄人

YOUの知らない100万マイルの貯め方・裏技・使い方・交換方法..etc

JLの陸マイラー活動をする場合には必須のサイトですね。
 
自分もかなり、参考にさせていただいています。
 
以前、管理人様にBAの記事についてコメントをいただいたのですが、有名な方からコメントをいただくととても嬉しいですね~ 🙂
 
JLに関する記事を書く際は、ことある毎に紹介させていただきたいと思います 😉

特典航空券の取りやすさ

さて、JLのマイレージが貯めやすいことはわかりましたが、果たしてちゃんと特典航空券予約の取れるマイレージなんでしょうか?
 
3つの視点から、見てみます。

必要マイレージ数

評価 : ○
 
必要マイレージ数は、少ないです。
 
JLフライトの場合、
 
・エコノミークラス : 往復20,000マイル
 
・プレミアムエコノミークラス : 往復30,000マイル
 
・ビジネスクラス : 往復48,000マイル
 
JLは頻繁に、期間限定で必要マイレージ数をディスカウントするキャンペーンを行っているので、そういうタイミングを利用すると、JLフライトだとエコノミークラス往復が16,000マイル / プレミアムエコノミークラス往復が24,000マイルになったりします。
 
更にビジネスクラスは、曜日限定特典というのがあり、火・水・木・金に日本を出発し、月・火・水・木に香港を出発すると往復40,000マイルで行くことができます。
 
JLマイレージは、片道での予約ができるところがとても良いですね。
 
ワンワールドメンバー(キャセイパシフィック航空(CX))のフライトを利用した場合は、
 
・エコノミークラス : 往復21,000マイル
 
・ビジネスクラス : 往復42,000マイル
 
となり、これもかなり少ない方です(東京 – 香港の直行便の場合)。
 
JLフライトでの必要マイレージ数は、以下のページで確認できます。
 
https://www.jal.co.jp/jalmile/use/jal/inter/miles2.html
 
他にも、JLの提携航空会社には
 
・中国東方航空(MU)
 
・ジェットスター・ジャパン(GK)
 
・バンコクエアウェイズ(PG)
 
といったあたりもあるのですが、GKを利用する場合は、片道10,500マイル / 往復21,000ですが、ちょっとお得感に欠けます^^;
 
では、MU, PGのフライトでも予約ができるんでしょうか?
 
JLのカスタマーセンターに確認したところ、
 
PGについては、日本からバンコク(BKK)がJL運航、BKKから香港(HKG)までがCXの運航なので、特典航空券での予約ができない
 
とのことでした。
 
MUについては、問題なく予約ができるそうです(電話での予約が必要になりますが)。
 
提携航空会社のフライトでの必要マイレージ数は、以下のページで確認できます。
 
https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/p_jmb/jmb_mile.html
 
また、予約の仕方ですが、東京(NRT / HND)から出発して、帰りは大阪(KIX / ITM)という予約が可能です。
 
出発地と最終帰着地が同一国内の場合は、同一空港でなくても大丈夫なんです。
 
ストップオーバーは、不可となります。

提携航空会社の特典航空券必要マイレージ数の計算について

ちょっと余談になりますが、提携航空会社の特典航空券必要マイレージ数を計算する場合は、
 
総旅程距離
 
で計算します。

NHのようにゾーン制ではないので、実際の距離に応じて必要マイレージ数が異なってきます。
 
なので、同じ日本でも

成田(NRT) – 香港(HKG)
 

 
新千歳(CTS) – 香港(HKG)
 
では必要マイレージ数が異なってきます。
 
NRT – HKGは往復で3,646マイルなので、エコノミークラス21,000マイル / ビジネスクラス42,000マイルとなり、
 
CTS – HKGは往復で4,262マイルなので、エコノミークラス37,000マイル / ビジネスクラス60,000マイルとなってします。
 
 
また、JLの提携航空会社にエールフランス(AF)、エミレーツ航空(EK)もあるのですが、パリ(CDG)乗り換え / ドバイ(DXB)乗り換えで香港へ行く、なんていうことができるんでしょうか?
 
これも、JLのカスタマーセンターに確認しました。
 
結論は、
 
NRT – HKGで空きがあれば予約は可能
 
とのこと。
 
こんな遠回りの予約でも、NGという規定はないそうです。
 
・パリ(CDG)周りの香港 : 総旅程距離が12,150マイルとなり、エコノミークラス55,000マイル / ビジネスクラス85,000マイル

 
・ドバイ(DXB)周りの香港 : 総旅程距離が8,645マイルとなり、エコノミークラス40,000マイル / ビジネスクラス65,000マイル

そんな華麗な(無駄な)使い方も可能です。
 
※この遠回りの予約方法について、いつもお世話になっているプラチナハンターさんからご指摘をいただき、一部修正しました。ありがとうございます 🙂
 
「総旅程距離」がどのくらいなのかは、JLのサイトに計算機があります。
 
https://www121.jal.co.jp/JmbWeb/JR/SectionMile_ja.do

特典航空券の空き状況

実際の特典航空券の空き状況はどうなんでしょうか。
 
需要が多いであろう、「ハイシーズン」と、急な時にも対応できるかどうか、「直近」の空き状況を見てみたいと思います。

ハイシーズン

例えば、クリスマスや年末年始のシーズン。
 
クリスマスや年末年始を香港で過ごそう、なんていうオシャレな過ごし方をしようと思う方も結構多いでしょう。
 
2017/9/8時点での検索結果ですが、クリスマス近辺はエコノミー / ビジネス共に空きがありません。
 
・エコノミークラス(JLフライト)

・エコノミークラス(CXフライト)

・ビジネスクラス(JLフライト)

・ビジネスクラス(CXフライト)

わずかに、CXフライトのビジネスクラス片道が空いている程度です。

直近

続いて、間際のフライト。
 
2017/9/8 23.00時点で検索できる最も近い日は、5日後の2017/9/13に出発するフライトです。
 
急な用事では、使うことができませんね。
 
検索結果ですが、
 
・エコノミークラス(JLフライト)

・エコノミークラス(CXフライト)

CXフライトは、それなりに空いています。
 
・ビジネスクラス(JLフライト)

・ビジネスクラス(CXフライト)

JLの場合も、面白いルートが出てきました。
 
ワンワールドメンバーのキャセイパシフィック航空(CX)のフライトに
 
台北(TPE) – 香港(HKG)
 
があります。
 
これは、以遠権フライトとなります。
 
JLのマイレージでも、以遠権フライトを楽しめるようです 🙂

Screenshotキャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

キャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

総合評価

香港へ行く際にJLのマイレージはお得といえるか、については、
 

 
と言えるでしょう。
 
必要マイレージ数が少ないのはいいのですが、なんといってもその取りづらさ。
 
JLフライトを予約するのは難しそうです。
 
CXフライトでも問題ないのであれば、前述のポイントサイトやらmoppyルートやらを利用すれば、実質無料で香港へビジネスクラスで行くことだってできてしまいます。
 
ただし、こういったマイレージ獲得ルートが世の中に相当数出回っている以上、同じことをしようとしている競合が多いのも事実。
 
香港への直行便など、相当前から予約をしないと、なかなか都合に合わせた予約ができないでしょう。
 
しかし!
 
世の中には、有効期間を気にせずマイレージを貯めて、直近の予約も可能で、しかも時期を気にすることなく直行便で香港へ行ける航空会社のマイレージプログラムがあるんです。
 
そういったお得なマイレージプログラムの紹介・使い方を、10月・11月に開催する香港旅セミナーで紹介します。
 
ご自分のマイレージプログラムを見直したい方、香港へお得に行きたい方、こちらのページからお申し込みください!
http://voyageavance.global/seminar-hkg-description

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)