ユナイテッド航空(UA)・成田(NRT) – 仁川(ICN)路線運休

ユナイテッド航空(UA)・成田(NRT) – 仁川(ICN)路線運休

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ユナイテッド航空(UA)が、成田(NRT) – 仁川(ICN)路線の運休を発表しました。
 
以遠権フライトが大好物のPAR的にはちょっと寂しいですが、この運休をちょっと深掘りしてみます。

競争が激しい日韓線

国同士の政治的な関係は冷え切っていますが、航空業界的には日韓線はドル箱路線で、競争が激しさを増しています。
 
UAもそんな競争の渦中にあったのですが、今回の発表でUAの以遠権フライトが一つ姿を消すことになります。

Screenshotユナイテッド航空(UA)の以遠権フライト

ユナイテッド航空(UA)の以遠権フライト

まぁ、これはしょうがないかなと思います。
 
なぜなら、UAのこの路線はめちゃくちゃ高いからです!
 
アシアナ航空(OZ)なんか、もっと安い料金で搭乗できます。
 
他にも、ジンエアー(LJ)やチェジュ航空(7C)、エアプサン(BX)といったLCCも頻繁に飛んでいるので、UAは価格では勝てないでしょうね。
 
あと意外だったのが、全日空(NH)はNRT – ICN線には就航していない、ということです。
 
HND – GMPはあるんですが、これは今まで気づきませんでした^^;

旅行業界視点でのOZの運賃

ちなみに、旅行会社的な視点からいうと、OZの運賃は出発日が日曜日 – 木曜日だと、金曜日/土曜日の出発より安いです。
 
いわゆる、「平日運賃」と「週末運賃」ですね。
 
韓国のもう一つの航空会社・大韓航空(KE)は、出発ではなく日本帰着日が日曜日または月曜日だと高い、というような運賃を設定しているところもあります。
 
いわゆる、「リターンオンデー(Return on-day, 帰りに運賃を’on’するという意味)」です。

後はスターアライアンスメンバーがカバーする

このNRT – ICN路線をスターアライアンスメンバーのフライトとして搭乗したい人は今後、OZやHND – GMPのNHといった他のスターアライアンスメンバーのフライトでカバーすることになります。

まとめ

UAはかつて、デルタ航空(DL)と同様にNRTをハブ空港としてアジア各地へフライトを行っていました。

  • マニラ(MNL)
  • 香港(HKG)
  • バンコク(BKK)
  • 上海(PVG)
  • シンガポール(SIN)
  • 台北(TPE)
  •  
    これらの便は全て以遠権フライトだったのですが、一つずつ徐々に消えていき、今回のICN路線も姿を消します。
     
    NRTを経由するのではなく、直接これらの都市へ直行便を飛ばすようになっています。
     
    ICNへも、サンフランシスコ(SFO)からの直行便が就航しています。
     
    また、NRT – ICN路線は既に機材が777-200から737-800へとダウンサイズされています。
     
     
    最近、NRTのフルサービスキャリアに対しての地盤沈下が始まっていますね。
     
    DLもNRT-TPE線の運休を発表したし、LHも「成田縛り」を破ってHNDだけに就航するようになったし。

    Screenshotデルタ航空(DL)の以遠権フライト・成田(NRT) – 台北(TPE)線運休

    デルタ航空(DL)の以遠権フライト・成田(NRT) – 台北(TPE)線運休

    都内に住んでいる自分にとっては、HND発着の方が近いし、成田エクスプレスは高いのでありがたいのですが、きっと困る人もいるんでしょう。
     
    ますます、NRTのLCCターミナル化が進みそうですね。

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)