ヴァージン・オーストラリア(VA)、香港航空(HX)とマイレージ提携開始

ヴァージン・オーストラリア(VA)、香港航空(HX)とマイレージ提携開始

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ヴァージン・オーストラリア(VA)と香港航空(HX)がマイレージの提携を行うことになりました。
 
自分的には結構大きなニュースだったんですが、このニュースを解説します。

香港航空(HX)とは

香港航空(HX)は、海南航空(HU)配下の航空会社で、香港(HKG)を中心に世界各地へ就航しています。
 
日本へは、

  • 成田(NRT)
  • 関西(KIX)
  • 宮崎(KMI)
  • 鹿児島(KOJ)
  • 那覇(OKA)
  • 新千歳(CTS)
  • 岡山(OKJ)
  • 米子(YGJ)
  •  
    へ就航しています。
    ※As of 06JUN17
     
    更にこのHUの親会社はHNAグループが運営するHNA Aviationと言って、傘下にはHU, HXの他に

  • 大新華航空(CN)
  • 天津航空(GS)
  • 雲南祥鵬航空/Lucky Air(8L)
  • 北京首都航空(JD)
  • 福州航空(FU)
  • 揚子江快運航空(Y8)
  • 北部湾航空(GX)
  • 香港エクスプレス(UO)
  • 長安航空(9H)
  • ウルムチ航空(UQ)
  • 西部航空(PN)
  •  
    があります。
     
    ちなみにHNAグループは、ヒルトンの大株主でもあります。

    ヴァージン・オーストラリア(VA)とは

    VAについては前から注目していて、いくつか記事を書いています。

    ScreenshotVAに関する記事

    カテゴリ : VA

    VAは香港路線を強化したかったのですが、キャセイパシフィック航空(CX)はワンワールドメンバーで、カンタス航空(QF)と同じアライアンスに属しています。
      
    そこで、HXに目をつけたわけですね。

    VAの香港線

    2017年7月から、VAはメルボルン(MEL)から香港(HKG)へのフライトを就航させます。
     
    このフライトはHXのコードシェア便にもなるわけですが、グループ会社のHUやUOの一部路線にもVA便名が付くことになります。
     
    VA便名が付いているフライトは、VAマイレージを加算することができます。
     
    また、ビジネスクラス搭乗者及びVA上級会員はHKGを出発する際にHXのラウンジ「紫荊堂ラウンジ(Club Bauhinia)」を利用することができます。
     
    ラウンジの中は、こんな感じです。

    HX自体も、キャンセルは多いもののフライト自体は悪くないそうですよ。

    まとめ

    今回のマイレージ提携をあえて記事にしましたが、この提携の「凄さ」がわかる人は、相当マニアックな方だと思います^^;
     
    HXのビジネスクラスは競合他社よりも安く搭乗することができます。
     
    日本からの往復の価格は、JPY100,000を切ります。
     
    ここでVAマイレージへ加算すると、とてもステキなことになります。
     
    特に、オーストラリア・ニュージーランド国内を旅される方と、日本から東南アジア・中東へよく行かれる方にとっては 🙂
     
    なぜPARがVAに注目しているのか。
     
    なぜこの提携が凄いのか。
     
    それは、有料メールマガジンの中でお伝えしています。
     
    気になる方、ぜひ購読ください。
     
    想像以上の濃い情報が、あなたを待っていますよ 😉

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)