GDSとは?

GDSとは?

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
自分が独立する前は、旅行会社向けのITシステム「GDS」を提供する会社に勤めていました。
 
この「GDS」が、旅行会社にとっても航空会社にとっても、重要な役割を果たしています。
 
今日は、この「GDS」について説明します。

GDSとは

GDS(Global Distribution System)とは、世界中の航空会社、ホテル、レンタカーなどの予約・発券ができるコンピュータシステム。セーバー、アマデウスなどが有名。航空会社、ホテル、レンタカー会社の予約システムと接続されており、リアルタイムでの予約が可能。世界各国の旅行会社に設置もしくは旅行会社の予約システムと接続し販売されている。
※JTB総合研究所より引用
 
 
いまいち何をやっているのかわからないですね^^;
 
 

旅行会社とGDSとの関係

 
要は、ほぼすべての旅行会社は、お客さんから予約を受けるときに自ら空席状況を航空会社に確認するのではなく、このGDSというITシステムに蓄えられているデータを使って、予約を作成・管理しているわけです。
 
航空会社(一部LCCを除く)は、自社の空席情報・運賃情報を毎日何回かGDSへ送り続けています。
 
GDSには世界中の航空会社から集められた膨大なデータが蓄積されているのですが、
旅行会社のサイトで日付と方面を入力して検索ボタンを押すと様々な航空会社の様々な運賃が出てくるのは、旅行会社が一つ一つの航空会社にデータを取りにいくわけではなく、このGDSがその集められたデータの中から最適な運賃・空席を解析し、結果を返却したものを表示しているんです。
 
 
今の所、旅行会社はGDSなしには成り立たないくらい、旅行会社にとっては重要なシステムなんです。
 
 
実は航空会社も、このGDSを使用して予約を管理しています。
 
 
旅行会社がGDSを通して作成された予約情報を、航空会社がGDSを通して確認する
 
 
という流れになっています。

 
ちなみに、作成された予約情報のことを
 
PNR(Passenger Name Record)
 
といいます。

予約情報であるPNRが管理されているGDSは、旅行会社・航空会社の共通プラットフォームになっているので、両者にとって必要なシステムなんですね。
  
そのITシステムを開発している会社が、アマデウスでありセーバーであったりするわけです。
 
 

GDSの収益モデル

 
GDSの収益モデルは、
 
・対航空会社
⇒システム利用料、及び旅行代理店・自身のウェブサイトを通して予約された数に応じて、航空会社からコミッションを受け取る
 
・対旅行代理店
⇒システム利用料。旅行代理店毎に、作成された予約数に応じてコミッションを支払っているので実際には旅行代理店へ支払う金額の方が多くなる
 
 
何もしなくてもお金が落ちてくる課金体系ですね。
 
 
さらに、その旅行会社によって使うGDSが異なるのですが、GDSによって同じ旅程でも検索結果が異なってくるので、いくつか旅行会社を見たほうがいいんですね。
 
 
方面毎の安い時期の傾向とかを知りたい方はいつでもご相談ください 🙂
 
 
See you then, catch you later!
 

announcement

※ブログやSNSでは語れない内容も満載のVoyage Avancé公式メールマガジンのご登録はこちらから
 
http://voyageavance.global/jp/newslettersubscribe.html
 
 
Facebookグループ(非公開グループ) : Voyage Avancé
https://www.facebook.com/groups/1637263426587815/
 
 
Instagram :
voyageavance
 
 
今日の投稿に、納得・共感していただけたら、Facebookのお友達になっていただければ嬉しいです。記事のシェアは大歓迎です!

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)