どの航空会社が特典航空券でストップオーバーを許容しているのか

どの航空会社が特典航空券でストップオーバーを許容しているのか

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
マイレージを貯めて旅ができる、特典航空券。
 
片道や、往復だけではありません。
 
周遊や世界一周にだって利用することができます。
 
さらに航空会社によっては、特典航空券であっても目的地へ向かう途中の都市に滞在することを許容しているところもあります。
 
今日は、そんな航空会社をまとめてみました。
 
旅行業界的には、「ストップオーバー」と「オープンジョー」というのですが、用語の意味も含めて紹介します。

ストップオーバーとは

途中の都市に24時間以上滞在することをストップオーバーといいますが、そもそもストップオーバーとは何か、乗り換えとはどう違うのかについては、以前の記事をご参照ください。

Screenshotストップオーバーと乗り換え(トランジット)との違い

ストップオーバーと乗り換え(トランジット)との違い

オープンジョーとは

オープンジョーについて、インターネットには以下のような説明があります。

オープンジョー(英: open-jaw)とは往復・周回航空券のうち、往路と復路の発着地が片方、または両方別の地点(空港)となる航空券のことを指す。和訳すると「開いた顎」となり、航路がそのような形になることからつけられた。

 
例えば、
 
・行き :
成田(NRT) – ロンドン(LHR)
・帰り :
パリ(CDG) – 成田(NRT)
 
で、ロンドン – パリ間をユーロスターで移動する、というような場合です。

LHR – CDG間が、空いていますね。
 
こういう感じの旅程を、オープンジョーと言います。
 
また、
 
・行き :
成田(NRT) – ロンドン(LHR)
・帰り :
パリ(CDG) – 関西空港(KIX)
 
のような旅程を、Wオープンジョーといいます。

目的地も出発地も異なるような状態です。
 
実質、片道を2区間と同じような感じですが、航空券としては1つの予約記録に収まります。
 
要は、1つの予約記録の中の旅程のどこかに飛行機以外の手段が入ればそれはオープンジョーになる、ということです。
(ヨーロッパなどの、航空券の中に含まれている電車区間は除きます)
 
もしかしたら、eチケット控えを見ると、LHR – CDG間に
 
SURFACE
 
と書いてあるかもしれません。
 
これは、LHR – CDG間は飛行機以外で移動します、という意味で、航空券の運賃計算をする際に必要になってくる記号です。
 
・・・これ以上突っ込んでしまうと、かなりマニアックな世界になってしまうので今日はこれくらいにしておきます^^;
 
上記を踏まえつつ、主な航空会社の特典航空券を利用した場合のストップオーバー / オープンジョーの可否を見てみましょう。

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)

まずは、我らがBA。
 
ストップオーバー : 不可
オープンジョー : 可

 
BAの場合は特典航空券を予約する場合は片道単位になるので、オープンジョーであろうがなんであろうが構いません。
 
ただ、目的地へ行くのに乗り換えがあるフライトの場合は、乗り換え地に24時間以上滞在することはできません。
 
その場合は、片道2区間として計算されてしまいます。
 
逆を言えば、23時間以内であれば、乗り換え地に滞在することができるということです。
 
乗り換えの便は翌日でも大丈夫です。
 
無理矢理乗り換えが長い時間を予約して、乗り換え地に1泊することも可能です。
 
ただし、BAフライトでロンドンを乗り換えとする場合に限り、ロンドンでのストップオーバーが認められています。

アメリカン航空(AA)

ストップオーバー : 不可
オープンジョー : 可

 
AAの場合もBAと同様、特典航空券を予約する場合は片道単位になるので、オープンジョーであろうがなんであろうが構いません。

ユナイテッド航空(UA)

ストップオーバー : 条件付きで可
オープンジョー : 2回まで可

 
UAは少し前、特典航空券に関して’Excursionist Perk’というルールを設定しました。
 
以前は無条件にストップオーバーができたのですが、今は複雑な制限の中でのみ可能となっています。
 
この’Excursionist Perk’の詳細については、無料のメールマガジンで解説をしています。
 
ご興味のある方は、こちらから登録をお願いします。
 
少しだけ要点を説明すると、
 
・まずは出発地と帰着地が同じ地域であること。東京出発なら日本国内(同一エリア内)が帰着地であること
 
・Excursionist Perkは行きの最終目的地にある同一エリア内にある都市なら可能
 
・往復特典航空券であること
 
という条件があります。
 
ややこしいですね^^;

デルタ航空(DL)

ストップオーバー : 不可
オープンジョー : 可

 
DLもAAと同様、23時間以内の乗り換えであれば乗り換え地に滞在することが可能です。
 
DLの場合はちょっとトリッキーで、片道を2区間予約するよりも、オープンジョーとしてでも往復の旅程を予約した方が諸税を節約できることがあります。
 
例を挙げてみましょう。
 
東京(TYO) – アムステルダム(AMS)の間をエコノミークラスで往復する場合は、100,000マイル必要になります。

サーチャージは、JPY5,270です。
 
ところが、片道ずつ予約を行った場合、サーチャージが跳ね上がってしまいます。
 
AMS – NRTの帰りの便のサーチャージが、€120以上になっているので、JPY15,000以上かかってしまうことになります。

この現象は、ヨーロッパ発だとほぼ必ず発生するようなので、注意が必要です。
 
ただでさえ必要マイレージ数が多くて困るDLで、さらにサーチャージまで取られてしまったらもうしびれますね。
 
目的地へのフライトがない場合でも、近い空港まで行って電車などで移動した方が安くなるケースもありますので、オープンジョーの検討もお勧めします。

アラスカ航空(AS)

ストップオーバー : 可
オープンジョー : 可

 
ASについては前から何度も記事にしていますが、片道であってもストップオーバーが1回可能です。
 
さらに、サーチャージも無料、という。
 
とにかく寛容、寛大です。

Screenshotアラスカ航空(AS)のマイレージをお得に使おう

アラスカ航空(AS)のマイレージをお得に使おう

Screenshotアメリカ国内を5,000マイルで2都市旅する方法

アメリカ国内を5,000マイルで2都市旅する方法

エア・カナダ(AC)

ストップオーバー : 条件付きで可
オープンジョー : 条件付きで可

 
ACも、往復の予約の場合にストップオーバー2回、オープンジョー1回を認めています。
 
ただし、ストップオーバーの予約をする際にはオンラインではできないので、電話で予約をする必要があります。
 
英語かフランス語ですね。
 
また、同じゾーン内での旅程の場合はストップオーバー / オープンジョーが許されるのは1回だけです。
 
ただこれにも例外があって、アライアンスメンバーを利用せずACのみのフライトでアメリカ・カナダ・メキシコ・カリブ海諸国へ行く場合にはストップオーバー2回、オープンジョー1回ができます。
 
ややこしいですね。

シンガポール航空(SQ)

ストップオーバー : 往復旅程で1回無料
最大3回まで、USD100/回で可能
オープンジョー : 可

 
なかなか寛容なルールです。
 
特にSQは最近、SQフライトと子会社のシルクエアー(MI)フライト利用時の特典航空券について、燃油サーチャージを廃止しました。
 
SQマイレージは必要マイレージ数が多目に設定されているので、これは改善ですね。

全日空(NH)

ストップオーバー : 可
オープンジョー : 条件付きで可

 
NHの特典航空券は、往復のみ予約することができます。
 
その中で、海外発の場合に限り、ストップオーバーが1回許容されています。
 
また、オープンジョーも、同じゾーン内であれば1回OKです。
 
NHのマイレージのルールは2015年に改悪があり、上記のようなルールとなりました。
 
確かに必要マイレージ数が少ないところが多いけど、往復しか取れないなんて・・・と、個人的には思っています。

日本航空(JL)

ストップオーバー : 不可
オープンジョー : 可

 
ストップオーバー不可、と書きましたが、これはあくまでJL便を利用した場合のお話で、ワンワールドメンバー1社を利用してのフライトであれば、合計3回までストップオーバーが可能です。
 
NHよりも、ストップオーバーはしやすいですね。
 
オープンジョーについては、片道発券が許容されているのでOKです。

まとめ

これらの航空会社の中でもっとも目を引くのはやはり、ASですね。
 
こんなに寛大なルールがいつまで続くのかわかりませんが、有効なうちは最大限活用したいと思っています。
 
まずはASマイレージを貯める(購入する)ところからですね。

Screenshotアラスカ航空(AS)のマイレージ最大40%ボーナスセール

アラスカ航空(AS)のマイレージ最大40%ボーナスセール

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)