チャンギ空港(SIN)ラウンジのWifiスピードチェック#2

チャンギ空港(SIN)ラウンジのWifiスピードチェック#2

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル3のラウンジのWifi紹介、2回目です。
 
今日は、Dnata Loungeでの計測結果を紹介します。

Dnata Lounge概要

Dnata Loungeは出国審査通過後左へ曲がり、電化製品の店とコスメの店(Shilla Duty Free)の間のエスカレーターで上にあがり、まっすぐ進みます。そうすると、こんな表示があります。
t3_dnata_sign
そのまままっすぐ進み、受付を済ませて中に入ります。中はこんな感じ。
t3_dnata_inside
飛行機を見ながら、パソコンをしたり食事をとったりすることができます。
 
シャワールームや本を読むためのスペースもあったりします。
t3_dnata_inside2

接続方法

dnataまたはdnata1というSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
t3_dnata_wifi_connect
パスワードは、テーブルの上にあるプラスチックの置物に書いてあります。

通信速度計測結果

窓側に行くとdnata1を拾いました。
t3_dnata1_wifi_speed
上り 0.52Mbps
下り 0.71Mbps
 
ちょっと遅いですね。
 
ラウンジの入り口近くだとSSID : dnataの方が拾いやすかったので、こちらもチェックしてみました。
t3_dnata_wifi_speed
上り 0.48Mbps
下り 0.37Mbps

更に遅くなっています^^;

まとめ

dnataは、ビジネスなどで作業をするにはちょっと通信速度が遅い感じです。
 
Ambassador Transit Loungeと比べても、その差は歴然。
 
まだ、空港のWifiの方が通信速度は速いと思います。
 
ターミナル3で空港ラウンジ以外で仕事をするなら、Ambassador Transit Loungeを利用されることをお勧めします。

プライオリティ・パスについて

プライオリティ・パスは世界最大級の独立系空港ラウンジプログラムで、フライトの搭乗クラスに関係なく、世界の850以上のVIPラウンジが利用できます。
 
ほとんどのラウンジで、電話、ファックス、Eメール、インターネット接続が利用できます。一部シャワー、会議施設を利用できるラウンジもあります。
 
食事や軽食を無料でとることができ、空港内のレストランに並ぶ必要はありません。
 
ゲートの混雑、フライトの遅れやキャンセルがあった場合でも、ラウンジで穏やかな時間を過ごすことができます。
 
プライオリティ・パスにはプランがいくつかあって、

  • スタンダード :
  • 年会費USD99
    ラウンジ利用時にUSD27を支払う
     

  • スタンダード・プラス :
  • 年会費USD224
    年間10回まで無料でラウンジ利用可能・それ以降はUSD27/回
     

  • プレステージ :
  • 年会費USD359
    ラウンジ使いたい放題
     
    という料金体系になっています。
     
    自分も、スカイチームメンバーの航空会社以外のフライトの時は、プライオリティ・パスと提携しているラウンジでゆっくりすることにしています。
     
    もちろん、LCCのフライトでもラウンジを利用することができます。
     
    人とは違う待ち時間を過ごすことができますよ 🙂
     
    申し込みは、こちらからどうぞ。

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)