ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の新しいビジネスクラス「Club Suite」就航路線まとめ(2019年8月版)

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の新しいビジネスクラス「Club Suite」就航路線まとめ(2019年8月版)

上級会員維持のために事あるごとに搭乗しているブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ですが、今までの長距離線ビジネスクラスはあまり評判の良いものではありませんでした。

ScreenshotBAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#49(ソウル仁川(ICN) – X/ロンドンヒースロー(LHR) – グラスゴー(GLA)))

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#49(ソウル仁川(ICN) – X/ロンドンヒースロー(LHR) – グラスゴー(GLA)))

このシートでは流石にまずい、と気づいたのでしょうか、BAは2019年から順次投入される
 
エアバス A350-1000
 
という新しい機材の中に新しいビジネスクラス
 
Club Suite
 
というシートを設けました。
 
今までのビジネスクラスとはだいぶ違うようですが、就航都市・必要マイレージ数に変更があった場合、随時この記事を更新していきます。
  
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

就航路線と便名はこちら

Club Suiteが搭載されている機材は、
 
・エアバス A350-1000
・ボーイング B777-200
 
となります。
 
2019年8月現在、就航予定の路線は以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
路線 便名(LHR発/LHR行) 曜日 備考
シアトル(SEA) BA53/52 毎日 2020/1/2から(B777)
ナイロビ(NBO) BA65/64 毎日 2020/1/14から(B777)
フィラデルフィア(PHL) BA67/66 毎日 2020/3/11から(B777)
アブジャ(ABV) BA83/82 毎日 2020/1/30から(B777)
トロント(YYZ) BA93/92 毎日 2019/10/1から(A350)
ドバイ(DXB) BA107/106 毎日 2019/10/8から(A350)
バンガロール(BLR) BA119/BA118 毎日 2020/1/1から(A350)
ジッダ(JED) BA133/BA132 毎日 2019/2/20から(B777)
クウェート(KWI) BA157/BA156 毎日 2019/2/1から(B777)
テルアビブ(TLV) BA163/BA162 毎日 2019/12/1から(A350)
シカゴ(ORD) BA295/294 毎日 2020/1/28から(B777)
ボストン(BOS) BA239/238 毎日 2020/2/2から(B777)

必要マイレージ数

主な航空会社のマイレージプログラムで、Club Suiteに塔乗するための必要マイレージ数(片道)を紹介します。

ここをタップして表示Close
航空会社 方面 必要マイレージ数(LHR発)
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
Executive Club
TLV
ABV
JED
KWI
31,250 – 38,750
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
Executive Club
YYZ
DXB
PHL
ORD
BOS
50,000 – 62,000
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
Executive Club
BLR
SEA
NBO
62,500 – 77,250
アメリカン航空(AA) AAdvantage DXB
TLV
BLR
JED
KWI
42,500
アメリカン航空(AA) AAdvantage NBO
ABV
55,000
アメリカン航空(AA) AAdvantage YYZ
SEA
PHL
ORD
BOS
57,500
JAL(JL)
JAL Mileage Bank
TLV
DXB
YYZ
42,000
JAL(JL)
JAL Mileage Bank
PHL 45,000
JAL(JL)
JAL Mileage Bank
ABV
JED
KWI
ORD
BOS
48,000
JAL(JL)
JAL Mileage Bank
BLR 60,000
JAL(JL)
JAL Mileage Bank
SEA
NBO
80,000
Asiamiles TLV 30,000
Asiamiles SEA
NBO
PHL
ABV
JED
KWI
ORD
BOS
45,000
Asiamiles BLR
DXB
YYZ
50,000

まとめ

今後、BAがA350-1000機材を徐々に受領していくので、その度に就航路線が増えるでしょう。
 
また、B777-200機材は結構古いですが、中身だけをリニューアルするイメージですね。
 
自分にとって一番現実的なところは、DXBということで、今度搭乗してきます!
 
日本にやってくるのはいつになるんでしょうか 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea