Business Class Review : EK751(DXB – CMN) Airbus A380-800

Business Class Review : EK751(DXB – CMN) Airbus A380-800

初めてエミレーツ航空(EK)のフライトに搭乗しました。
 
初EKで、初ビジネスクラスで、初A380です。
 
そんな初物づくしのEKフライトのレビューをしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EK751搭乗記

EKのビジネスクラスは、ホテルを出たところから始まります。
 
(乗り継ぎではない)DXB発のフライトの場合、事前にオンラインで予約をして、送迎車を手配することができます。

迎えにきてくれる時間は、24時間OK。
 
宿泊するホテルを指定して、事前に予約をしておきましょう。

ホテル名は、何か文字を入力すると自動で候補が出てきます。

そうすると、こんな車がお迎えに来てくれます 🙂

チェックインと出国審査

空港についてチェックインをするんですが、空港に着いたのは朝4時くらいだったので殆ど人がいません。



今回の搭乗ゲートは、コンコースB。
 
DXBにはコンコース毎にラウンジがあります。
 
コンコースAのラウンジも見てきましたが、どちらもすごいですね。

Screenshotドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ビジネスクラスラウンジ(コンコースA)

ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ビジネスクラスラウンジ(コンコースA)
Screenshotドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ビジネスクラスラウンジ(コンコースB)

ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ビジネスクラスラウンジ(コンコースB)

時間が来たので、機内に乗り込みます。
 
ラウンジから出て、エレベーターを利用して2階席の搭乗口へ。
 
機内の様子を動画に収めてみました。

座席

今回搭乗した機材は遂に初搭乗、エアバス A380-800です。

機材登録番号は、A6-EEZです。
 
2014年から利用されている機材のようなのですが、とても綺麗でした。
 
座席は、こんな感じです。



各座席にミニバーが用意されています。

フルフラットですが、180度フラットになります。

エンターテインメントシステムは、画面を直接触っても、備え付けのタブレットで操作してもOKです。

大きめのカバンが入るくらいの大きな収納スペース。


ヘッドフォンはもちろん、ノイズキャンセリングです。

窓からは、別のEK A380が見えます。

離陸シーンも動画に収めてみました。

ビジネスクラス後方には、バーもあります。
 
これがフライト前で、


これがフライト中。






皆楽しそうに話をしていました。
 
トイレはこんな感じです。 

トイレの小窓から見える景色。

機内WiFi

EKのA380機材では、機内WiFiも利用できます。
 
ビジネスクラス搭乗客は、無料。
 
ステキですね。
 
OnAirというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

その後表示されるページでEKマイレージプログラムにログインし(または座席と名字を入力し)ます。


以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 4.70Mbps
下り 0.06Mbps
 
メッセージのやり取りは問題なくできます。
 
でもよく切れました。
 
機内WiFiなのでしょうがないでしょう。

食事

食事は2回出ます。
 
メニューです。


シンプルな朝食と、

ランチです。


CMN着


8時間弱のフライトで、予定よりも早くカサブランカ(CMN)に着きました。
 
降りるときはファーストクラスの座席を通って、階段を降ります。


アフリカ大陸も、初上陸です。
 
なんか中東とアフリカは近いイメージがありましたが、意外と距離があります。
 
まぁ、モロッコはアフリカ大陸の西端ですしね。

CMNは沖留めで、到着口へはバスでの移動となります。


今回はマイレージでのフライトでしたが、EKに搭乗できて本当によかったと思います。
 
これはマイレージを貯めて搭乗する価値アリですね!

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
Leica Leitz ELMAR 50mm F2.8 ライカMマウント シルバー
レンズアダプタ :
LEICA T用 Mレンズアダプタ
接写リング :
ライカ Mマウント接写リング OUFRO 16469

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)