Business Class Review : スイスインターナショナルエアラインズ(LX) LX188 チューリッヒ(ZRH) – 上海浦東(PVG) エアバス A340 王様シート(Throne Seat)

Business Class Review : スイスインターナショナルエアラインズ(LX) LX188  チューリッヒ(ZRH) – 上海浦東(PVG) エアバス A340 王様シート(Throne Seat)

チューリッヒ(ZRH)から上海(PVG)へ行くのにスイスインターナショナルエアラインズ(LX)のフライトに搭乗しました。
 
念願の、「王様シート」です。

Screenshotスイスインターナショナルエアラインズ(LX)の機材・エアバス A340が改善、日本路線も対象!

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)の機材・エアバス A340が改善、日本路線も対象!

機内のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

LX188搭乗記

 
今回はロンドン(LHR)からブリティッシュ・エアウェイズ(BA)でZRHまで来て、乗り継ぎのフライトでした。
 
予めオンラインでチェックインしておいたので、ラウンジで搭乗券をもらいます。
 
LXのフラグシップラウンジへ。

ScreenshotLounge Review : チューリッヒ空港(ZRH)ターミナルE スイスインターナショナルエアラインズ(LX) セネターラウンジ(Senator Lounge)

Lounge Review : チューリッヒ空港(ZRH)ターミナルE スイスインターナショナルエアラインズ(LX) セネターラウンジ(Senator Lounge)

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

双発エンジンが見えてきました。

座席

今回はもちろん、エアバス A340です。

機材登録番号は、HB-JMB
 
Zurichという名前が付いています。
 
2003年より運用されている機材です。
 
ついに、王様シートとご対面です。

ゆったりとした肘掛の左側に、ユニバーサル仕様のコンセントがあります。

右肘と、

左肘。

ゆったりしていて、とてもよいです。
 
座席の位置は細かく調整できます。


アメニティグッズは、スイスらしいアルミケースに入っています。

モニタは、古いまま。

エンターテインメントシステムのリモコンも、古いままです。

ヘッドフォン。

機内WiFiは、残念ながら利用できません。
 
離陸してから、双発エンジンを眺めてました。

食事

食事のメニューです。


食事は2回出ますが、まずはランチ。


予めリクエストをしておいた、到着前の朝食はこんな感じです。

PVG着

10時間くらいのフライトで、PVGに着きました。
 
ついに、王様シートに搭乗することができました。
 
左右の肘掛がとても広くて、ゆったりしています。
 
ちょっとものを置くのもすんなりできるので、とてもよかったです。
 
機内WiFiが使えないのがちょっと苦しく、日本語の映画も少ししかないので、機内での時間潰しには何か持って来ることをお勧めします。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea