アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

Business Class Review : ターキッシュエアラインズ(TK) TK1972 ロンドンヒースロー(LHR) – イスタンブール(IST) ボーイング B787-9

Business Class Review :  ターキッシュエアラインズ(TK) TK1972 ロンドンヒースロー(LHR) – イスタンブール(IST) ボーイング B787-9

仕事のためトルコへ行きました。
 
トルコは2020/7/11現在、日本からの搭乗客が入国できる数少ない国の一つです。
 
日本から全日空(NH)ファーストクラスに搭乗して、LHRでターキッシュエアラインズ(TK)に乗り換えます。
 
初TKのビジネスクラスレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。
[toc]

TK1972搭乗記

LHRまでは、NHファーストクラスでやってきました。

Screenshot

First Class Review : ANA(NH) NH211 羽田(HND) – ロンドンヒースロー(LHR) 「The Suite」 機内食はヴィーガンミール

First Class Review : ANA(NH) NH211 羽田(HND) – ロンドンヒースロー(LHR) 「The Suite」 機内食はヴィーガンミール

いつもの通り預け入れ手荷物を持たずに来たので入国する必要がありません。
 
航空券もいつもの通り別切りで手配しましたが、HNDのチェックインカウンターでNHのスタッフの方がTKのフライトまでチェックインの手続きをしてくれました。

LHRでチェックインをする場合は、ターミナル2の乗り継ぎカウンターで行います。
 
搭乗日に空いているラウンジは、プラザプレミアムラウンジのみでした。

Screenshot

Lounge Review : ロンドン・ヒースロー(LHR)ターミナル2 Plaza Premium lounge

Lounge Review : ロンドン・ヒースロー(LHR)ターミナル2 Plaza Premium lounge

時間が来たので搭乗ゲートへ向かいます。
空港の駐機場にとまっている飛行機
ガラス窓に貼られたポスター

座席

今回の機材は、ボーイング B787-9。
落書きされた道路標識
 
機材登録番号は、TC-LLF
 
2019年から運用されている、とても新しい機材です。
 
座席は、こんな感じ。
車の中の座席
車の座席に座っている
座席左横に、ライトなどのボタンがあります。
ベッドの上にある携帯電話
モニタと、
テレビの画面
リモコン、
モニター画面に映る車
座席横の小物入れ・電源です。
ドアが開いている携帯電話
機内に入る前に、マスクなどのキットを配られました。
カレンダー
ドアに貼られた紙
足元の広さは、あまりありませんでした。
Invalid request error occurred.
テレビゲームの一場面
エンターテインメントシステムは、日本語の選択もできて、日本語の映画や日本語吹き替えの映画が結構ありました。
モニター画面に映るグラフ
グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト
リモコン上のパネルで、座席を調節します。
電子レンジの上に置かれた携帯電話
ヨーロッパ内のフライトでB787-9とはとても贅沢な機材繰りだなと思いましたが、ヘッドホンはノイズキャンセリングではない通常のイヤホンでした^^;
紙に包まれた食べ物

機内WiFi

さすが最新鋭の機材ということで、機内WiFiも利用できます。
 
ビジネスクラス搭乗客は、無料で利用できます。

接続方法

Turk Telekom WiFi FlyというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション
その後表示される画面で次へ進み、
グラフィカル ユーザー インターフェイス
「BUSINESS CLASS」を選択して、
グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション
座席番号と名字を入力して、
グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
以下の画面が表示されれば、接続完了です。
グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

通信速度計測結果

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト
上り 42.74Mbps
下り 1.38Mbps
 
機内WiFiということを考えると、快適に利用できたように思います。

食事

食事は予めボックスに用意されたもののみの提供でした。
テーブルの上に置かれたパンフレット
フライパンの中の食べ物
残念ながら、VGMLやVOMLといったリクエストはできません。
 
アルコールの提供もありませんでした。

IST着

3時間くらいのフライトで、ISTに着きました。
 
今回はISTの送迎サービスを予約していて、本来であれば飛行機を降りたところからスタッフが待っていてくれて、空港内をカートで移動し、入国審査もファストトラックを利用でき、ストレスなしでホテルまで移動できるはずだったのですが何かの手違いで搭乗ゲートにスタッフがいませんでした。

そのため、普通に入国して搭乗ゲートで待っていたスタッフに連れられて普通に車に乗り、ホテルに着いたのでした。
 
次の滞在ではぜひ、この「ストレスフリー」のサービスを体験したいですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)