エミレーツ航空(EK)のとても興味深い予約変更ルール

エミレーツ航空(EK)のとても興味深い予約変更ルール

各航空会社が手元にキャッシュを置いておきたいために航空券のキャンセル・変更に関して様々な施策を打ち出していますが、比較的資金力のある中東の航空会社はユニークな、寛容なルールを出しています。
 
エミレーツ航空(EK)もその一つ。
 
もしかしたらだいぶお得な使い方ができるかもしれないので、少し深掘りしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

興味深いルールとは

2020/5/17現在、EKが発表しているルールですが、
 
・フライトキャンセル
・渡航禁止令
 
などがあった場合に、払い戻しの他に、以下の2つのオプションを選択できます。
 
・Keep your ticket(航空券の有効期間延長) :
予約日から最大24か月後まで有効期間を延長でき、その好きな日に旅程を変更することができます。
 
・Travel voucher(旅行クーポン) :
既存の予約で支払った金額と同額のバウチャーへ変更することができます。
 
これらのオプションにおいて、目的地の変更を無料で行うことができます。
 
無料で変更ができるのは、もともとの目的地と同じ地域にある都市です。
 
この「地域」というのはEKが独自に定めるもので、
 
アフリカ
オーストラレーシア
ヨーロッパ
極東
湾岸、中東、およびイラン
インド洋諸島
北米
南米
西アジア
 
に分けられています。
 
それぞれの地域どの国が属しているかは、こちらのページをご覧ください。
 
https://www.emirates.com/jp/japanese/help/emirates-regions/
 
なお、変更は電話で行う必要があります。
 
EKは日本支社も運営しているので、日本語で話ができますね。

目的地の変更を賢く使う

このルールを工夫して使えば、コストを抑えて様々なところへ行くことができます。
 
例えば、EKを利用して東京からヨハネスブルク(JNB)へ行くビジネスクラスのフライトはJPY620,000を超えます。
 
少し出発地を変えて、バンコク(BKK)発JNB行のフライトにすれば、JPY263,000になります。
(これでもだいぶ安いですが)
 
一方で、BKK発カイロ(CAI)行はJPY220,000で販売されています。
 
そして、CAIとJNBは同じ「アフリカ」の地域となります。
 
 
ということは、
 
1. BKK – CAIのフライトを予約
2. 目的地をJNBに変更
 
とすれば、ヨハネスブルクまで往復JPY220,000 で行けることになります。
 
これはほんの一例で、他にもパターンはいくらでもあります。
 
もっとコストを抑えて、○○発○○行のチケットを買って、目的地を東京に変更すれば・・・とか、色々ありますよ 😉
 
EKを含めた各航空会社のお得な運賃について、最低週2回配信するサービスを行っているのでご検討ください 🙂

まとめ

今回のルールに関する詳細は、EK公式ページをご覧ください。
 
https://www.emirates.com/jp/japanese/help/keep-your-ticket/
 
なお、特典航空券の予約取り消し・変更については、直接ドバイのコールセンターに電話をして聞いた会話をご覧ください 🙂

注意点としては、2020/6/30までに発券をする必要があり、2020/11/30までに最初の出発地を出るようなフライトを購入しなければいけない、という点ですね。
(目的地を変更する際に、出発地も変更してしまえばOKです)
 
EK修行をしている方にとってはチャンス到来でしょうか?!

運航再開に備えてEKを学ぶ

EKを含め各航空会社が運航を制限していますが、いざ運航再開した時に備えて今のうちからEKについて学んでおくのはいかがでしょうか。
 
先日開催したエミレーツ航空(EK)徹底攻略セミナーの中で、EKに関する様々なお得情報をお伝えしています。
 
ご興味のある方はこちらからどうぞ 🙂

Screenshotエミレーツ航空(EK)徹底攻略セミナー動画のご案内

エミレーツ航空(EK)徹底攻略セミナー動画のご案内

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea