ヒルトンの最低価格保証ルールが改善

ヒルトンの最低価格保証ルールが改善

通常、あるホテルチェーンの部屋を予約する際、ホテル公式サイトで予約するのが一番安いことになっています。
 
ホテルチェーンによっては、「最低価格保証」を謳ってホテル公式サイトで表示されている料金よりも安い料金が出ていたら、その料金よりも安くするなどの対応を行っています。
 
ヒルトンもその例外ではなく、Best Fare Guarantee(最低価格保証)を行っていてヒルトン公式サイトで予約するより安い料金を見つけて申請をした場合にはその金額よりも25%オフの料金で宿泊することができるようになっています。
 
今回、その保証適用のルールが変更(改善)となったので紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ルール変更概要

今回のルール変更ですが、結構ユーザーよりの改善となっています。
 
名前も、
 
Best Fare Guarantee
 
から、
 
Price Match Guarantee
 
という風に変わりました。
 
変更の概要ですが、
 
・予約をしなくても、最安値保証の申請ができるようになりました
 
・当日に宿泊をする際も、最安値保証の申請ができるようになりました
 
という感じです。

特に1つ目について、今までは事前に決済をするタイプの予約でないといけなかったので最安値申請をする頃には価格が是正されていて、安くならなかった、というケースが防げるようになりました。
 
これはユーザーにとってはありがたいですね。

どうやって申請をするのか

それではどうやって最低価格保証申請をするのかですが、オンラインで必要事項を記入することになります。
 
電話をして即座に価格保証を申請するもできます。
 
日本のリザベーションデスクに電話をして聞いてみたのですが、
 
宿泊の24時間以内、もしくは当日の予約の場合のみ電話で最安値保証の申請が可能
-> その際、公式サイトよりも安いと思われるサイトを伝え、スタッフが確認して申請OK/NGを判断
 
・日本のリザベーションデスクが営業していない時間帯の場合は、英語対応にはなるが別の国に電話をする形で申請が可能
 
とのことでした。
 
ヒルトンのリザベーションデスクは比較的待たずにつながることが多い印象なので、申請もしやすいと思います。

まとめ

ちなみに自分も、過去2度ほどこのBest Fare Guaranteeにリクエストをしたことがあります。
 
1度目は成功で、2度目は失敗でした。
 
いずれも、旅行会社のサイトの方が安かったのですが、ホテル予約サイトも即時決済でないとダメだそうです。
 
例えば、ヒルトン公式サイトの価格がこれくらいだったとします。

そしてこれが、ホテル予約サイトで見つけた同じタイプの部屋の料金。

一見、ヒルトン公式サイトの方が高いように見えますが、ホテル予約サイトの方が即時決済の予約ではないため、申請却下されました^^;
 
 
ホテル予約サイトに支払う手数料(コミッション)の分を、自社サイトで販売する際には割引として回すことができるため安くしているのですが、割引をしたとしてもその割引後の金額がコミッションとして支払う金額よりも高くなっているため、ホテル側としてはできるだけ多く自社サイトで予約をしてもらいたいわけです。
 
とはいえ、宿泊料金を変更したタイミングで「歪み」が発生し、ホテル予約サイトの方が安くなることがあるので宿泊時はここを狙って、Price Match Guaranteeを申請して更に安く宿泊したいですね!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)