Hotel Review : ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリー (Hotel Cerretani Firenze MGallery Superior Room)

Hotel Review : ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリー (Hotel Cerretani Firenze MGallery Superior Room)

フィレンツェ滞在中、アコーホテルズグループのホテル
 
ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリー
 
に滞在しました。
 
中の様子のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリーは、フィレンツェ サンタマリアノヴェッラ駅から歩いて10分くらいのところにあります。
 
タクシーも利用できますが、狭い道を通って行くので雨とかでなければ歩いた方が良いと思います。
 
外観はこんな感じです。

ロビーはこんな感じ。







受付のスタッフは新人で、特典をわかっていない人でした。
 
一応アップグレードはしていてくれたようですが、リクエストなしのアーリーチェックインは出来ませんでした。
 
なので、一旦荷物を預けて2時間後にまた来ることに。
 
また、あまり英語が通じませんでした・・・発音が悪かったんでしょうか。

部屋


入った部屋は、こんな感じです。

高い天井です。

寝る時用に、チョコレートが置いてありました。


ウェルカムドリンクの赤ワイン。

参考価格です。

ウェルカムフルーツで、2種類のぶどうも置いてありました。

窓からの眺めです。








冷蔵庫に入っている飲み物は有料です。


バスルームです。







レストラン

ウェルカムドリンクとして、ティータイムにレストランでアルコールを含めた飲み物と軽食をいただくことができます。





ティータイムにも、クロワッサンをいただくことができます。


朝食も、同じ場所です。

メニューを遠くから見て、スタッフに注文するスタイルです。

メニューはあまり多くありません。

フルーツやチーズはありました。

コーヒーは、マシーンで1杯ずつ入れるやつです。

さすがイタリア、アメリカーノでも濃かったです。

スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリーのスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

薄めの味付けで、塩味はありませんでした。
 
ミルクが少し入っている?
 
柔らかかったです。
 
 
3 out of 5

クロワッサン

マルセイユのソフィテルで食べたクロワッサンがあまりにも美味しすぎて忘れられず、クロワッサンもホテル毎に食べ比べをすることにしました。

Screenshot

Hotel Review : ソフィテル マルセイユ ビューポール (Sofitel Marseille Vieux-Port) オペラスイート(Opera Suite Room)

Hotel Review : ソフィテル マルセイユ ビューポール (Sofitel Marseille Vieux-Port) オペラスイート(Opera Suite Room)

ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリーのクロワッサンは、こんな感じです。

バターというか、別の甘い香りがしました。
 
これはこれで美味しかったです。
 
 
3 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
ホテルチェッレターニフィレンツェ Mギャラリーのミューズリーは、シリアルでした。

蜂蜜と豆乳をかけていただきました。

WiFi接続方法

mycloudというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

チェックインの時に受け取った紙に書いてある情報を入力します。


以下の画面が出たら、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 13.66Mbps
下り 6.87Mbps
 
問題なく利用できました。

まとめ


後で受付をしていた男性スタッフは、ヨーロッパ内で必要な抗原テストをホテルで受けたいと言ったら丁寧に探してくれた、フレンドリーなおじさんでした。
 
このテストに関して発見があったが、詳しくは2021/10/9に開催するセミナーの中でお伝えします。
 
フィレンツェには他にもいくつかアコーホテルズのホテルがいくつかありますが、いずれも決め手にかけますね。
 
観光名所であるベッキオ橋付近にも色々ホテルがあるので、価格とサービスの兼ね合いで宿泊先を決定すると良いと思います。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
 
iPhone
 
SONY VLOGCAM

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA