イスタンブール空港(IST)から市内各地へエアポートバス「Havaist」で移動する

イスタンブール空港(IST)から市内各地へエアポートバス「Havaist」で移動する

海外出張でトルコへ入国しました。

ScreenshotBusiness Class Review : エミレーツ航空(EK) EK121 ドバイ(DXB) – イスタンブール(IST)

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK121 ドバイ(DXB) – イスタンブール(IST)

イスタンブール空港(IST)から市内への移動方法は色々ありますが、コストを抑えて手軽に移動するには、エアポートバスHavaistがおすすめ。
 
イスタンブール各地へ運行しているので、空港から滞在するホテルの近くまで行くことができます。
 
乗り場やチケット購入方法などをお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

乗り場

Havaistの乗り場ですが、ISTの到着口からさらに下へ降りていきます。

「Bus」の文字とイラストが書いてある方向に向かって歩いていきましょう。

地下に降りていくと、行き先とその番号が書かれています。

出発するバスの時間と行き先も表示されています。

バス乗り場ですが、タクシーで行った場合の参考料金も書かれています。

今回乗ったのは、イスタンブールの中で有名な地域であるタクシム(Taksim)へ行くバス。

ベシクタシュやレヴェントと言ったホテルが結構多くあるエリアにも停車する、14番です。

Screenshotハイアット ライフタイムグローバリストへの道#56(ハイアットセントリック レヴェント イスタンブール キングスイート(Hyatt Centric Levent Istanbul King Suite Room))

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#56(ハイアットセントリック レヴェント イスタンブール キングスイート(Hyatt Centric Levent Istanbul King Suite Room))

しばらくすると、こんなバスがやってきました。

タクシムを含む市内中心部までは、約40分から50分かかります。
 
料金は、TRY30(JPY450くらい)です。
 
支払いは、バスに乗る時にクレジットカード支払いが可能。
 
事前の予約やチケットの購入は、不要です。
 
途中で、ガラタサライとベシクタシュのフットボールスタジアムを見ることができます 🙂

アプリもある

Havaistのアプリもあります。
 
https://apps.apple.com/jp/app/havaist/id1451176971
 
https://play.google.com/store/apps/details?id=havaist.ist.hava.app.havaist&hl=ja&gl=US 
空港から各目的地までの時刻表を確認したり、事前に運賃をクレジットカードチャージしておくことができます。

ちなみに、「空港」はトルコ語で
 
İstanbul Havalimanı
(イスタンブール ハバリマーニ)
 
と言います。
 
Airport
 
からは想像がつかないので、この「Havalimanı」という単語だけ覚えておくと良いでしょう。

まとめ

空港から市内まで、鉄道が開通する開通すると言われてもう2年以上遅れています。
 
今後更に遅れる見込みで、開業の目処は立っていません。
 
なので、しばらくはこのバスにお世話になるでしょう。
 
バスの中にはモニタも付いていますが、全てトルコ語で画面が動いたり動かなかったりで、本当に氣まぐれです^^;
 
なお、タクシムのバス停を降りたところには「タクシー」と呼びかける人が大量にいますので、無視して目的地まで向かいましょう。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea