Hotel Review : イビス大阪梅田(Ibis Osaka Umeda)

Hotel Review : イビス大阪梅田(Ibis Osaka Umeda)

大阪で行われた商談会・勉強会に参加するために
 
イビス大阪梅田
 
に初めて宿泊しました。
 
 
ちょっとアコーホテルズ修行を本気でやろうと思ったので、早速イビスに宿泊してきました。
 
中の様子のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

イビス大阪梅田は、各線大阪駅、梅田駅、大阪メトロ東梅田駅が最寄駅です。
 
ホテルはお初天神の近くにあります。


朝11時くらいに行ったらチェックインはできず、荷物だけ預かってくれました。
 
ロビーの様子を動画に収めました。

一応ゴールドメンバーということで、最上階の部屋をアサインしてくれました。

部屋

部屋はこんな感じです。




ベッド近くに電源があるのは、評価できます。

一応無料のお水が置いてありました。

ウェルカムドリンクのチケットももらいました。

バスルームはユニットバスタイプです。


歯ブラシとコップは、置いてありました。

レストラン

朝食はレストランでいただいてみました。

スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
ですが、なんと今回の滞在でスクランブルエッグは「売り切れ」とのこと。
 
AM9.30頃に行ったのですが、まさか「売り切れ」なんていうことがあるとは・・・。

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
ミューズリーは・・・ありませんでした。
 
スタッフに聞いても、「ミューズリー??」という感じだったので、存在すら知らなかったようで。
 
イビスで期待する方が間違っているでしょうか・・・。

WiFi接続方法

IBISというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

部屋番号と名字を入力します。

以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 0.77Mbps
下り 0.27Mbps
 
数字の割には、快適に利用できました。

まとめ


0.00-5.00の間は、入り口が閉まっています。
 
チェックインが0.00を過ぎるときは、インターホンで扉を開けてもらう必要があります。
 
イビスホテルは、アコーホテルズの中では安い価格帯のホテルに属するのですが、それでも大阪の場合はJPY10,000以上します。
 
修行とはいえ、この内容ではコストパフォーマンスが悪すぎますね。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ

カメラ :  
iPhone
 
動画 :
OSMO POCKET

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea