30,000ポイント以下で宿泊できるヨーロッパのホテル

30,000ポイント以下で宿泊できるヨーロッパのホテル

なかなか海外へ旅に出る場所が限られている今、行ける可能性のある場所を探すのはある意味楽しい作業になっています。
 
自分の中での最優先はヨーロッパで、特にフランス内務省のページはほぼ毎日チェックしています^^;
 
滞在できる国と共にホテルのチェックもしているのですが、ヨーロッパの中にあってもカテゴリが比較的低めで、少ないポイント数で宿泊できるホテルがいくつかあります。
 
2021年4月現在、各ホテルチェーンのポイント30,000ポイント以下で宿泊できるホテルに絞って、紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

各ホテルチェーンのポイント換算基準

当然ですが、ポイントの価値はホテルチェーンによって異なります。
 
個人的な見解ですが、各ホテルチェーンのポイントの価値は
 
・ハイアット : JPY2
・ヒルトン、IHG : JPY0.5
・マリオット : JPY0.9
 
くらいだと思っています。
 
そのため、紹介するホテルも金額に換算するとJPY10,000 – JPY15,000くらいの範囲となるようなホテルを紹介します。

ハイアット

Story Hotel Riddargatan

ストックホルムにあるJoie de Vivreブランドのホテル。
 
ストックホルムはホテル代が基本的に高いので、それを考えるとハイアットの8,000ポイントで宿泊できると言うのはお得だと思います。

Hyatt Regency Sofia

自分が一番氣になっているホテル。
 
最近できたばかりで、カテゴリが1のリージェンシーはどんなもんなんだろう?と興味津々です。

Screenshotブルガリア・ソフィアにあるホテルチェーンまとめ

ブルガリア・ソフィアにあるホテルチェーンまとめ

IHG

Hotel Indigo Helsinki Boulevard

ヘルシンキ市内にあるホテル。
 
インディゴブランドはIHGの中では高めに位置します。
 
このホテルに、18,000ポイントで宿泊することができます。

Holiday Inn Express Amsterdam North Riverside

アムステルダムもホテル代が高くて狭いイメージがありますが、このホリデイインエクスプレスなら16,000ポイントで宿泊可能。
 
フライトの前泊で利用するにはちょうど良いでしょう。

マリオット

Moxy Bergen

ノルウェー・ベルゲンにあるホテル。
 
カテゴリが2のホテルで、10,000ポイントで宿泊が可能です。
 
まぁ、モクシーなのであまり期待はできませんが・・・。

Gewandhaus Dresden

ドイツ・ドレスデンにあるAutograph Collectionブランドのホテルです。
 
こちらも、15,000ポイントで宿泊可能です。

Renaissance Minsk

ベラルーシ・ミンスクにあるルネッサンスブランド。
 
こちらも、10,000ポイントで宿泊可能です。

ヒルトン

Hilton Cologne

ドイツ・ケルンにあるヒルトンのホテル。
 
33,000ポイントで宿泊可能です。

Hampton by Hilton Krakow

ポーランド・クラクフにあるハンプトン。
 
ハンプトンですが、10,000ポイントで宿泊可能です。
 
まぁハンプトンはもともと宿泊料金が安いので、有償で宿泊しても良いと思いますが、繁忙期などでポイントで宿泊したほうが安い日には有効でしょう。

Hilton Garden Inn Konya

トルコ・コンヤにあるガーデンイン。
 
10,000ポイントから宿泊可能です。

まとめ

上記のうち、日本在住の人が観光目的で入国できるのは
 
・ブルガリア
・トルコ
 
です。
 
また、スペイン、ギリシャ辺りがこの夏入国できるのでは、という噂があります。
 
紹介したホテルの他にもお得に宿泊できるホテルがあると思いますが、毎日外務省海外安全ページをチェックしなくて良い日が一日も早く訪れることを願っています。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea